2006年02月28日

日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ

いやー、やっぱり中田英が入るとチーム全体が「締まる」ね。なんだかんだ言っても日本の大黒柱は中田英だ。小野とは格が違う。

前半終了間際にCKから高原のヘッドで先制、1-0で前半終了。やはり「お膝元」ドイツでの試合だけあって、高原のコンディションは良好。ゴールシーン以外の動きもまずまずだったのでは。逆に久保の動きはややイマイチ。やや疲れが溜まってきた頃か。
中盤では、やはり中田英の「攻める姿勢」が目についた。センターサークル付近から前線への鋭い縦パス、両サイドの深いスペースをついたロングボールを何度も何度も入れ続け、常に攻撃の基点となっている。カットされてピンチに繋がるシーンも無いわけはないが、それを怖がってDFラインへバックパスするよりはよっぽどマシだ。ここぞと言う場面での激しいプレスもいつも通りで、GKの目前までボールを追っていくシーンも見られた。まさしくチームを引っ張っていく存在だ。中村もコンディション的には良い方ではないように見えたが、一本のパスで決定的なチャンスを作り出すあたりはさすが。
逆に、国内組の小笠原と福西の動きは物足りない。特に小笠原は全体的にプレーが縮こまっているように感じる。前半を見る限り「やはり中田や中村の控えか」という評価を下さざるを得ない。後半は早い時間にベンチに下がってもらいましょう。

後半は松井を早い時間帯に見たいところ。

≫ 続きを読む
posted by BM at 22:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

日本×インド

日本の3連覇がかかるアジアカップ2007に向けての予選となる今回のインド戦、前半は1-0だが…まぁ、いつも通りの内容か。ワールドカップ一次予選といい、最終予選といい、2004年のアジアカップ本戦といい、去年の東アジア選手権といい。公式大会(予選も敢えて大会と位置づける)の初戦はいつもスロースタートな日本。

小野の得点シーンは、フィギュアスケートの方を見ていたので(ぶっちゃけ「前半は点が入らない可能性が高いな」と思っていた)どんなゴールだったのかは知らないが…と、今ハイライトで確認。単なるインドのミスですか。
前半の低調さの原因は小野だ。とにかく周囲と噛み合っていない。テクニックがあるのは分かるが、インド相手にそのテクニックをひけらかす意味がどこにあるというのだ?逆に長谷部はシンプルにゴールのみを目指したプレーが非常に効果的に映った。小野と長谷部の違いはモチベーションだろう。代表初先発という願ってもないチャンスをもらって張り切っている長谷部に対し、インドを(に加え、味方選手をも)小馬鹿にしたようなトリッキーなプレーばかりの小野。お前はロナウジーニョじゃない。

後半は、小野→阿部もしくは遠藤、久保→佐藤、加地→駒野という選手交代を希望。
ちょっとはワクワクさせてくれ。

≫ 続きを読む
posted by BM at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

日本×アメリカ

ワールドカップイヤーを迎えたジーコジャパンの初戦、相手は北中米カリブの強豪アメリカ。滑るピッチと仕上がりの早いアメリカ選手の激しい当たり、そしてパス回しに翻弄され続けて前半は0-2。

印象を一言で言うと…「これは本当に11人対11人のゲームなのだろうか?」。本来3-6-1で中盤の人数が豊富なはずの日本が、4-4-2のアメリカに完全に中盤を掌握されてしまっていた。そしてディフェンス陣も、アメリカがサイドからシンプルにあげてくるクロスボールに対しことごとく競り負けるシーンが目立ち、ついに失点。そして、クロスボールへの恐怖を植えつけられてしまったところで細かいパス回しから完璧に守備を崩されての追加失点。日本のチャンスは加地のミドルシュートくらいなもので(しかも枠を外す)、日本としてみれば最悪の内容と最悪の結果が残った前半だった。

まぁ、日本代表は毎年この時期は不甲斐ない試合をすることでお馴染みだが(2年前はオマーン相手にあわやドロー、1年前は北朝鮮相手にあわやドロー)、それでもなんとか結果は出せた。だが今回は相手がアメリカ(しかも始動して3戦目と仕上がり良好)ということで、ものの見事にやられてますね。
それにしても日本選手の仕上がりの遅さは想像以上だ。選手にとっては強化どころか自信をなくす合宿になってしまうんじゃないだろうかと不安になってくる。正直に言って、この試合をひっくり返すことは不可能だと思うので、その中でも「今後につながる何か」を掴んでほしいもんです。戦術とかコンビネーションとかは度外視でいいでしょう。どうせ中村や中田が入れば小笠原などは弾き出されるし。

久しぶりに前園を見ることができただけでもよしとするか(笑)。

≫ 続きを読む
posted by BM at 14:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

ドイツW杯組み合わせ抽選

<グループF>
第一戦 vs オーストラリア(ブラジル vs クロアチア)
第二戦 vs クロアチア(ブラジル vs オーストラリア)
第三戦 vs ブラジル(クロアチア vs オーストラリア)

このグループを一言で表すなら【一強三中】。ブラジルの一位抜けはほぼ堅いところだろうが、二位の座はその他の3チームすべてに可能性がある。そして、一強のブラジルと3戦目に当たる日本はラッキーだ。

すべては初戦のオーストラリア戦に掛かっていると言い切っても過言ではない。この初戦に勝利できれば決勝トーナメント進出に大きく前進できる(それはオーストラリアも同じことだが)。理想としてはもちろん日本2連勝、ブラジルも2連勝で3戦目を消化試合(グループ内順位がかかる試合ではあるが)にできれば万々歳だが、初戦勝利⇒2戦目引き分けの場合でも、ブラジルが2連勝すると仮定すると【ブラジル…6/日本…4/クロアチア…1/オーストラリア…0】で3戦目を迎えることになり、既に決勝トーナメント進出を決めている格好のブラジルとやることができる⇒引き分けは十分狙える。ブラジルが2連勝することを前提に考えると、オーストラリアとクロアチアの2戦で勝ち点4を獲得できれば決勝トーナメント進出の可能性は大きく広がるだろう。

一方、もしブラジルが初戦で勝ち点を落とす(引き分けor負け)ことになれば、このグループは一気に混沌としてくる。なにしろ3戦目で超本気のブラジルとやらなければならなくなる…恐ろしや。クロアチアは非常に守備の固いチーム(欧州予選ではあのスウェーデンと2試合戦っていずれも1-0で勝利している)なので、その可能性も無きにしもあらずだが…。とにかく、オーストラリアとクロアチアとの2試合で勝ち点4を取ることが必須条件だろう。ただし、その場合は3戦目でブラジルと引き分けを狙えるという前提での話だが。3試合を終わって勝ち点5(1勝2分)を取れていれば決勝トーナメント進出は十分可能だ。

確率を数字(分母は200%)で表すと【ブラジル:100%/クロアチア:40%/日本:35%/オーストラリア:25%】といった感じでしょうかね。とにかく、チャンスは十分あります。

≫ 続きを読む
posted by BM at 11:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

日本×アンゴラ

そういえば今日は代表の試合がありましたね…すっかり忘れていて、前半30分過ぎから見始めました。前半はスコアレスで終了。なんちゅうか…ヌルい試合ですねぇ。後半は見なくてもいいかなぁ、とも思えてしまう。この試合で収穫になるものってあるんだろうか?後半は阿部とか松井とか村井を出して経験を積ませるだけでいいでしょう。こんな試合では経験になるかどうかもわからんけど。

ぶっちゃけ茂庭や加地や土肥のいない代表なんて見てもつまらんだけですわ。
はぁー、明日のJWE9が楽しみやなぁ。

≫ 続きを読む
posted by BM at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

日本×ウクライナ

報ステで日本のスタメンが発表されてました。

FW:高原、柳沢
MF:稲本、中田浩、中田英、中村
DF:三都主、茂庭、坪井、駒野
GK:川口

オールスター組が合流することはなかったんですね。以前に「オールスター後にウクライナへ向かう」てな内容の記事を見たので勘違いしていました。フォメは4-3-1-2でボランチの底は中田浩ですか…2戦続けての失敗は許されんぞ。おそらくは後半の途中で村井と箕輪を投入して3バックにシフトすることになるでしょう(GKを除けば、ラトビア戦に出ていないのは前述の2人だけだし、せっかく招集したからには試すべきだと思うしね)。

そしてウクライナだが、残念ながらFWシェフチェンコは怪我の影響と体調不良で出場は無理ということに。その他の注目選手としては、FWヴォロベイ、MFティモシュチェク、MFシュライェフといったところでしょうか。

しかし…また角澤か!試合前のセレモニーで両国国旗が物凄い勢いで揺れていて相当風が強そうなのだが、そんな事お構いなしに角澤くんは用意された定型文を読み上げるだけでした(笑)。こりゃ今日も我慢だな…

≫ 続きを読む
posted by BM at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

欧州POはFIFAランク考慮

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-051009-0006.html

9月時点のFIFAランク上位3ヵ国と下位3ヵ国が対戦するカードになります。ちょっとシミュレーションしてみましょうか。なるべくランクの高いチームが出場する(グループ3はロシアの方がスロバキアよりも上だけど、あえてスロバキア)ようにして…

グループ1:チェコ(4位)
グループ2:トルコ(12位)
グループ3:スロバキア(45位)
グループ4:フランス(6位)
グループ5:ノルウェー(37位)
グループ7:スペイン(8位)

⇒チェコ×スロバキア
⇒フランス×ノルウェー
⇒スペイン×トルコ

ノルウェーとの対戦になったチームが「当たりクジ」か?個人的にはチェコ×スロバキアの「旧同一国対決」が見てみたい。暴動でも起きそうなカードになってしまうが。
posted by BM at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予選を占う(5)

天皇杯3回戦の横浜FC×FCホリコシ観てます。アマ、懐かしいなぁ…。しかし試合内容は特に見るべきものもなし。正直眠くなりそうな展開でした。後半はアマゴールもしくはカズゴールに期待!…記事を書き終えてアップしたときにはもう終わってました(笑)。アマ・カズともにノーゴール。残念!

欧州地区に続いてその他の地区も続々と出場を決めたチームが出てきてます。

≫ 続きを読む
posted by BM at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予選を占う(4)

昨日の試合が終わった時点で多くの国が出場を決めました。特にアフリカは5ヵ国中4ヵ国が初出場という実にフレッシュな顔ぶれ。セネガル・カメルーン・南アフリカ・ナイジェリアといった常連国が予選敗退の憂き目に遭いました。欧州ではワイルドカード争いで重要な役回りにいたチェコがあっさりとオランダに負けてしまったため、2枠のワイルドカードもグループ6とグループ8にほぼ決定。イングランドは大一番を前に出場を決めることができてさぞや胸をなでおろしていることでしょうね。

≫ 続きを読む
posted by BM at 11:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

日本×ラトビア

前半終わって1-0、高原のラッキーパンチ炸裂。

しかし角澤と松木のコンビは…角澤は無言になることが多すぎ(どうせ選手名が出てこないからなのだろうが)。松木は絶叫しすぎ。まぁ松木は最初から「解説」とは思っていないので、どこにでもいるサッカー好きのオヤジという観点で聞いていればある意味微笑ましくもあるのだが、角澤の「実況」は…言いたいことはいろいろあるが、一番言いたいのは「ちゃんと試合を観ろ」。テメェが自分のしゃべりに酔いしれている間にも、手元の資料(おおかた背番号と選手名の一覧表でも用意されているのだろう)に目を落としている間にも、時間は流れ試合は進行しているのだから。

前半でいい動きをしていたのは松井と駒野。特に松井の攻守いたるところに顔を出す活動量にはちょっと驚いた。やっぱり2部リーグであろうと何だろうとコンスタントに試合に出ている選手と、1部リーグに所属していてもロクに試合に出られない選手には大きな違いがあるものですねぇ。言わずもがな29番のことですが。

駒野は前半の序盤から積極的に前に行く姿勢が見て取れた。得意の?クロスでは見せ場を作ることはできなかったが、思い切りのいいシュートを何本か打ったし、このままの調子で後半も頼むよ。駒野は今回の東欧遠征ではライバル不在でスタメンが確約されていただけに、リラックスして試合に臨めているように感じた。加地のバックアッパーの地位を確実なものにしたという印象。

で、松井と駒野がハツラツとした動きを見せている要因に「中田英寿」の存在があると感じた。どちらもまず中田英にボールを預けて前線へ上がっていくという形が多く見られた(特に駒野はほとんど中田英にボールを渡していた)。「中田英ならそう簡単にはボールは取られない」という安心感のようなものが感じられ、また中田英も期待に応えるようにしっかりとボールをキープしていた。

ただ、前半の中盤あたりからは中田英へのマークがさらに厳しくなり、カウンターを食らう場面もちらほら。そこで踏ん張りたいのが稲本なんだが…やっぱり物足りない動きなんだよなぁ。後半は三都主を投入→中田浩を稲本の位置に入れる形になりそう。

あと、今日は最終ラインからのロングボールが皆無と言ってもいい。結構激しいチェックを受けた場合でも絶対に大きく蹴ることはせずにボールを繋いでいる。これはジーコの指示なのではないかと推測。まぁ実際、ラトビア程度のチーム相手に慌ててロングボールを蹴って逃げてしまうようでは、本番でベスト4を狙うなんて夢のまた夢だしな。急造DFラインでこれだけ回せれば、前半はとりあえず及第点と言ったところでしょうかね。

≫ 続きを読む
posted by BM at 20:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

W杯予選を占う(3)

アフリカ地区はいよいよ明日からW杯予選の残り1試合が行われます。前回W杯に出場したいわゆる「常連国」の苦戦が際立つ今回のアフリカ地区、まさに群雄割拠の様相。ガーナなどは昔からユース年代では世界でも随一の実力を見せていましたが、ようやくフル年代でもその力を発揮できるようになってきましたね。それではアフリカ・北中米カリブ海・南米地区の展望。

≫ 続きを読む
posted by BM at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

W杯予選を占う(2)

前回の記事で(1)とつけておきながら、その後ちっとも記事を書いていなかったW杯予選展望。世界各地で10/7〜10/12にかけて試合が行われて、プレーオフ枠を除く出場チームが出揃うわけですが、ここでは欧州地区予選にて直近の試合(10/8)終了後にW杯出場が決まるパターンを抜き出してみたいと思います。分かるとは思うが一応説明しておくと、○=勝利、△=引き分け、●=敗北。また、W杯出場に関係しないチームについては除外してあります。

≫ 続きを読む
posted by BM at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

W杯予選を占う(1)

さて、2006年ワールドカップへ向けての予選も佳境に入ってきました。ヨーロッパではウクライナが悲願の初出場を決めるなど、一番乗りでドイツ行きを決めた日本に続いて続々と出場国が決定していきます。出場国が決定していないグループでも予選は1〜2試合を残すのみという状況で、ほぼ勢力図が固まってきたという感じです。ということで、数回に渡って各地区予選の状況と今後の動向を占ってみようと思います。まずはヨーロッパ地区予選のグループ1から。

ちなみにヨーロッパ地区予選のレギュレーションは
  • 51ヶ国を8つのグループに分ける
  • 各グループ1位となった8ヶ国が出場権を獲得
  • 2位になった8ヶ国のうち成績上位の2ヶ国が出場権を獲得
  • 残りの6ヶ国でプレーオフを行い勝者3ヶ国が出場権を獲得
  • 計13ヶ国が出場権を獲得する
大雑把に説明すると以上のようになります。

≫ 続きを読む
posted by BM at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

日本×ホンジュラス

前半終わって…1-3。

なんちゅーか。宮城での試合、台風による強風、1試合のためだけに帰ってきた海外組、相手がすでにW杯予選敗退しているホンジュラス。

「コイツら、やる気ねーんじゃねぇのか?」

ホンジュラスの選手は前線からよく動くなぁ。終了間際の3点目なんか特にそう思ったよ。「もう前半も終わるし、このまま1点差でいいや」と思ってもいい場面なのに、しっかりとチェックに行って結果的にボールを奪ってゴールも奪った。まぁ、あの場面は中田英寿の不注意もあるけど。それに引き換え日本の前線(特に柳沢)の運動量といったら…週末のリーグ戦のことも考えて省エネですか?大丈夫だよ、そんな心配しなくてもおそらく週末はベンチに座りっぱなしだから。

2点取られてようやく目が覚めたのか、中田英寿を中心に運動量も増えてきて1点を返したまでは良かったが、3点目は余計だった…。ただ、中田英寿だけを責める気にはなれない。後半にゴールを決めて汚名を返上してくれることを望みたい。

ちなみに、選手に対して「怒り」は全く感じてません。さっさと選手交代してくれとは思ってますけど。ベンチの選手にとっちゃチャンスだしな。大黒、福西、駒野あたりが早く出てきてくれないかなぁ。

≫ 続きを読む
posted by BM at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

日本×イラン

前半終わって1-0、日本リード。加地が決めたよ…チョー嬉しいッス。

しかし、北朝鮮戦のあの酷い出来は一体なんだったのかと思わんばかりに、各人が気合の入ったプレーを見せてくれてましたな。その中でも、遠藤と福西のボランチ2人の働きは素晴らしかった。ボランチの位置でボールをカットし、ボランチの位置からサイドにそして前線に効果的なボールが配給されていた。阿部と今野(特に阿部)にとっては、この2人の「存在」というものを改めて思い知らされるような働きだったね。

で、いつも通り「攻めながら点が取れない」嫌な雰囲気になりかけたところで加地のゴール!解説も言ってたけど、加地があの位置に詰めているということが大事なわけで。端から見れば「ごっちゃんゴール」だけど、あれは立派な加地のゴールです。

ところが。1点取って安心したのかはわからんが、その後はボランチの位置でイランの選手をフリーにさせてしまう場面が多くなった。ボランチの2人はちと飛ばしすぎたのだろうか。後半は今野の出番があるかもしれない。まぁそれにしても、ダエイのポスト直撃のシュートで冷や汗をかいたとは言え、イランの攻撃には怖さがまるで無いね。やはり海外組(というかカリミのドリブル)が不在のイランは日本同様に怖さが半減してしまうようで。三都主の守備もそれなりによくやっているし、ボランチの位置での守備を引き締め直せばこのまま無失点で勝利できそうかな。

さ、後半が楽しみだ。

≫ 続きを読む
posted by BM at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

日本代表の今後は

さてさて、東アジア選手権も終了したわけですが。あと10日もすればW杯アジア最終予選の最終戦であるイラン戦が待っています。そこで、東アジア選手権での内容を加味して今後の日本代表メンバーを占ってみましょう。

≫ 続きを読む
posted by BM at 03:07| Comment(2) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

日本×韓国

前半終わってスコアレス。土肥ちゃん大活躍で俺的には嬉しいのだが…試合内容は何ともしょっぱい。とにかく攻撃がまったく機能していない。その原因はボランチ2人。トップ下の本山にゲームメイクを期待できない以上、このチームで攻撃のタクトを握るのは阿部勇樹以外にいないのだが、その阿部の所で再三にわたってインターセプトを許し、韓国の速攻を食らっている。あれではサイドの駒野や村井は上がるのを躊躇ってしまうよなぁ…。このままじゃ持ち味が生きんよ。
相方の今野も守備面では相変わらずの奮闘ぶりだが、こと攻撃面では全くといっていいほどの役立たず。2人とも、このままでは代表定着なんて夢のまた夢だ。後半に本気で勝利を狙うのであれば、早い時間帯に遠藤を投入するべき。全く周りが見えていない阿部なんかよりも全然役に立つと思うし。

巻と玉田については評価以前の問題。ボールが来ないんだもんな。守備陣はよくやってるよ。裏を取られたり、振り切られたりと危なっかしい場面もあるけど「絶対に先に失点してなるものか」という気迫が感じられる。とにかくボランチの2人を何とかしないと。

ジーコの判断力が問われるね。阿部と今野にどの時間帯で見切りをつけるか。後半開始から交代してもいいと思うんだけど…さてどうなりますやら。

≫ 続きを読む
posted by BM at 21:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

土肥が来るのか!?

韓国戦も第二戦と同じメンバーを起用 GKは土肥=サッカー日本代表

晴れの日韓戦に我らが土肥洋一(FC東京)が出場…なのか!?先発11人総入れ替えという「大ナタ」を振るった直後にGKだけを入れ替えると言う、なんとも複雑な状況での出場となるわけだが、正直言ってこの試合が土肥の最初で最後の晴れ舞台になるかもしれない。ビデオに録画しておこうかな…
これはもう、川口能活と楢崎正剛という甲乙つけ難い(且つ同年代の)才能の前では致し方ないところなんだよね。この2人が代表に定着して以降「これで代表のGKは10年は安泰だ」と多くの人が思っただろうが、まさにその通りになっている(川口は移籍騒ぎもあってずいぶん遠回りしたけど)。同時に、この2人以外のGKにとっては受難の時代となったわけで。曽ヶ端準しかり、都築龍太しかり。でもその中で土肥洋一は間違いなく今の代表に欠かせない「第3GK」だと思うのよ。

日韓戦では同じチームの茂庭もDFラインの一角に入るし、ここは一つビシッとDFラインを締めてもらいたいもんです…と、土肥についての思いを書き綴ったわけですが、結局は南北朝鮮対決がドローに終わり、その結果日本の東アジア選手権優勝の可能性が消滅したからこそ、ジーコは土肥を起用する気になったんだとは思いますが…だって一人だけ出場できなかったら可哀想だし(笑)

≫ 続きを読む
posted by BM at 00:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

サッカーの話なぞ

えー、「The Belle Mile」はMMORPG「ベルアイル」に関する戯言を書き綴るBlogなんですが、今後はたまにサッカーのことも書いてみようと思います。理由…書いてみたくなったから。

≫ 続きを読む
posted by BM at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。