2005年11月26日

東京×川崎

東京MXで観戦。最初の30分あたり見逃してます(川崎のゴールシーンも見ていない)ので、前半30分あたりからの印象ですが「ルーカスがいないとこうもグダグダになるのか…」と。解説の前田氏も言っているのだが、栗澤と規郎が高い位置を取りすぎて中盤がスカスカになっている。阿部ササの2トップは魅力的なのだが、これではその2人までボールが届かない。この辺は戦術理解度の浅さなのかなぁ…どうしても気持ちがサイドサイドに働いてしまうのだろうな。特に規郎は。

というか、ここのところ規郎のパフォーマンスが随分と低調になってきた。シーズンの疲れがここにきて出始めたのか。早めに戸田にチェンジして、4-3-3(もしくは4-5-1)に移行するべきだろうな。原監督がもし来期も指揮を執るのであれば、こういった場面で適切な対処が取れるか取れないかというのは大きな要素になるだろうし。

お手並み拝見、といきますか…。



1-1。勝ち切るとまではいかなかったものの。俺的には前半のグダグダな内容をなんとか立て直した原采配を評価したい。比較的早い時間帯に戸田を入れることは予想していたが、鈴木規郎ではなく栗澤に代えてだったのはちょっと予想外。前節新潟戦でのササ戸田の絡みが結構良かったので、それに期待したのかな?そしてこの交代は、間接的に規郎の闘志に火をつける結果になったと思う。規郎はここ何試合か途中交代でピッチを離れる展開が続いており、戸田が呼ばれたところで「ああ、俺が下がるのかなぁ」と予感したはず。だが、そこで規郎は外されなかった。これで規郎も「監督が期待してくれているのだ、俺がやらねば」という気持ちになっただろう。その後は持ち前のゴリゴリとしたドリブル突破が目立つようになってきた。

投入した戸田がイマイチ攻撃に絡めないところで2枚目の交代は、梶山に代えて宮沢だった。ここまで原監督は我慢して梶山を使い続けてきたが、この大事な場面でスパッと梶山を諦めて、試合に飢えている宮沢を投入する思い切りの良さは評価できると思う(梶山の調子も悪かっただけに普通に見れば無難な交代だけど)。この交代により、中盤の底から次々とサイドの阿部と規郎に対してロングボールが入るようになった(多少強引な形でもどんどん蹴り込み、その後のルーズボールもよく拾っていた)。そして3枚目は加地に代えて金沢。それまで加地は右サイドから幾度と無く(精度の良し悪しは置いといて)クロスを上げ続けていたが、そのクロスの上がるサイドがいきなり右から左にガラリと変わってきたことで川崎ディフェンス陣は混乱し、その隙をついて見事な同点ゴールが生まれた。金沢の投入は最初からゲームプランに組み込まれていたものだとは思うが、投入の時間帯が絶妙だったと感じた。

ルーカス不在時の攻撃の組み立て方、4-4-2での中盤の作り方など課題はまだまだ多いが、この試合を見て「あと1年、原監督に任せるのもアリだな」と思えるようになった。続投を支持するということではなく「あと1年」ということを前提にということだが。正直言って東京と言うチームは「デリケート」だ。怪我人やフォーメーションなど、ちょっとしたことで歯車が噛み合わなくなると途端にガタガタと崩壊してしまう。このクラブが次のステップに進むには確かな戦術理論を持った(できれば外国人の)監督が不可欠だという考えは変わっていないが、どんな名監督であっても東京というチームを掌握するには苦労するだろうと思う…であれば、ここまで4年間チームを率いて実績を作り上げてきた原監督の「集大成」として来期を任せるという手も十分アリなのでは、と。

そして何より、俺は原監督が好きだ。監督としてまだまだ伸びしろがあると思っているし、将来は名将と呼ばれる素質が十分にあると思っている。その名将への道を東京の監督として上っていってほしい…という気持ちもある。というか「外国人監督招聘」よりも「原博実が東京の監督として名将の地位を確立していく」方が絶対いいに決まってる。

ともあれ、来期の監督が誰になろうとも引き続き東京を応援していく気持ちに変わりはない。フロントの決断を待つのみだ。



さて、残留争いでは東京VのJ2降格と柏の入れ替え戦出場が決まったわけだが、優勝争いはさらに混沌としてきた…というか、そこまで浦和を優勝させたいか君たちはって感じなのだが(笑)。C大阪が横浜戦のロスタイムに失点しなければ浦和の(千葉もだが)優勝の可能性が消滅していたというのに。大一番と言われた試合をことごとく落とし(アウェーの鹿島戦で2点差を追いついてドローに持ち込んだくらいだよな)、何度「終戦」を迎えたかもわからない浦和にまだ優勝のチャンスが残っているとは…。優勝の確率を挙げるとすれば【C大阪50%:浦和30%:G大阪10%:鹿島5%:千葉5%】ってところかなぁ。

俺としては大阪のどちらかのクラブに優勝してもらいたいのだが、勝ち点差1でついに首位に立ったC大阪の最終節の相手は奇しくもFC東京。優勝への高い高いハードルになりますよ〜。でも、もしウチがC大阪の前に立ちはだかったとしたら、優勝が浦和のものになる可能性がかなり高いんだよねぇ…今のG大阪はチーム状態が最悪だし、相手は川崎だし、しかもアウェーだし。複雑な心境だ。3位の浦和はアウェーで新潟と。おそらく新潟は自陣に引き篭ってカウンター狙いだろうから、浦和攻撃陣がそれをいかにしてこじ開けるかが鍵になるだろう。1点でも入ってしまえば浦和のワンサイドゲームになる可能性も。4位鹿島は柏と、5位千葉は名古屋とそれぞれホームで。まぁ順当に勝利すると思われるが、優勝の可能性は限りなく低いだろう。

そしてJ2の3位争いは…あらら、仙台甲府ともに負けてるよ。柏はここにきてチームの雰囲気も上向きだし、この分だと入れ替え戦はどちらがきても柏有利は変わらないだろうな。玉田が怪我してからチーム状態が上向いてきたというのがなんとも皮肉だが…。
posted by BM at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。