2005年11月23日

新潟×東京

東京MXで観戦。しかし新潟は寒そうだねぇ…そして新潟のサッカーも同様にお寒い内容。一方の東京は自陣に引き篭る新潟ディフェンスをこじ開けることができずにスコアレスで終了。それにしても、うわさには聞いていたが新潟のサッカーって…まぁ、降格を逃れるためには最善の策なのかもしれないが、攻撃は完全に前線の外国人3トップ(+たまに日本人選手が絡む程度)頼みで、残りのフィールドプレイヤー7人はとにかくゴール前を固めるという、いわば7-0-3。端から見ると「ホームゲームなのに最初から引き分け狙いかよ」という感じです。外国人3人の攻撃力があるだけに可能な戦術なのだろうが、正直来期も成績は伸びそうにないな…って、東京も人のことは言えないけど。

東京は加地と馬場が欠場で右サイドからの攻撃は目立たないが、金沢が復帰した左サイドから何度も攻め上がりを見せていた。が、今日は鈴木規郎の調子がイマイチかなぁ。後半頭から規郎→ササで4-4-2に移行してもいいかもしれない。これだけ相手に引き篭られると、ポストプレーができるルーカスは外せないところだろう。どちらにしろササは早めの投入を期待したい。



今日も勝ったー!
梶山の相手DFをあざ笑うかのようなマイナスの折り返しから、最後はササ!

試合内容を見れば、ブラジルトリオ頼みの引き篭りサッカーに終始する新潟にお付き合いしてしまう低調なものだったんだが、そんな内容でもきっちり勝ち点3を取れるチームになったんだなぁと改めて実感。こりゃ、ちょっとやそっとのことじゃ負けないね。天皇杯はマジで期待したいかも(次戦は浦和という強敵ではあるが)。

そして今日もいつもどおりルーカスはノーゴール…惜しいチャンスがあったんだけどなぁ。どんな形でもいいから1点取れればすべてが変わると思うのだが…それにしてもササの「嗅覚」は素晴らしい。あのシュートも決して易しいものではなかったのだが、打ち上げることなくしっかりと振り切っていた。やっぱりササは来期も絶対必要な戦力だ。フロントよ、ササの流出だけは阻止せねばならんぞ。ササとルーカスのどちらを取るかと聞かれれば、俺はササを取る。

そして優勝争いの方は…上位陣が揃って足踏み。千葉にも再びチャンスが出てきた?結局最終節まで持ち越されることになりました(次節G大阪が勝ってC大阪が負けると得失点差の関係で優勝はほぼG大阪に決まりだけど)。そして東京は次節は川崎とのホーム最終戦、そして最終節は長居に乗り込んでのC大阪戦か…こりゃー楽しみだ。でもって残留争いは神戸が決定、あとは自動降格か入れ替え戦かで柏と東京Vが争い、次節は直接対決。まー引き分けで仲良く順位確定でいいんじゃないですか?

改めて、天皇杯が楽しみになったなぁ。現在のチーム状況を考えると、東京・横浜FM・大分あたりが上昇ムードで、G大阪や鹿島は明らかに下降線だからなぁ。リーグ戦の優勝争いで疲弊した後にカップ戦を戦い抜く力は残らないだろう。東京が勝ち進むとなると、5回戦が浦和、準々決勝が横浜FM、準決勝が大分、決勝がC大阪という非常に厳しい相手になりそうだが…今のチーム状態なら元日までいけるぞ!

ま、その前にリーグ戦残り2試合、しっかりと勝ち点3をいただきましょう。
posted by BM at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。