2005年11月17日

JWE9AC - エディット関係

何はともあれリネームから。スタジアムをざっと確認してみましたが、Jクラブのスタジアムはほぼ網羅してありますねえ。嬉しい限り。それだけに未収録のスタジアムがホームのクラブのサポは悲しいところでしょうが(大宮公園と神戸ウイングが未収録。前作は味スタがなくて俺も寂しい思いをしたしな…)。

ちゅうわけで、まずはスタジアム名リネーム完了。

-追記-
記事名を「エディット関係」にしました。選手の移籍関係もここに。



■スタジアム名編集
1 / カタルーニャ・スタジアム
 ⇒ カンプ・ノウ

2 / フェンスティエレ・スタジアム
 ⇒ エスタディオ・リアソール

3 / エスタディオ・パロ
 ⇒ エスタディオ・メスタージャ

4 / トラッド・ブリック
 ⇒ オールド・トラッフォード

5 / レッド・コードロン
 ⇒ アンフィールド

6 / マグパイ・パーク
 ⇒ セント・ジェームズ・パーク

7 / モナコ・スタジアム
 ⇒ スタッド・ルイII世

8 / ルーテシア・パーク
 ⇒ パルク・デ・プランス

9 / マッシリア・スタジアム
 ⇒ スタッド・ヴェロドローム

10 / ムルテン・スタジアム
 ⇒ オリンピアシュタディオン・ミュンヘン

11 / ボルシア・シュタディオン
 ⇒ ヴェストファーレンシュタディオン

12 / ハウプシュタット・シュタディオン
 ⇒ オリンピアシュタディオン・ベルリン

13 / オレンジ・アリーナ
 ⇒ アムステルダム・アレナ

14 / ロッテルダム・スタディオン
 ⇒ デ・カイプ

15 / ストックホルム・アレナ
 ⇒ ロースンダ・スタディオン

16 / クイト・クアナバリ
 ⇒ ボーダコム・パーク

17 / ダイヤモンド・スタジアム
 ⇒ ニューランズ・スタジアム

18 / エスタディオ・グランチャコ
 ⇒ ラ・ボンボネーラ

19 / アメリゴ・アトランティス
 ⇒ ジャイアンツ・スタジアム

20 / 白羊ドーム
 ⇒ 札幌ドーム

21 / 柳中央球技場
 ⇒ 仙台スタジアム

22 / 神ノ岳競技場
 ⇒ 山形県総合運動公園陸上競技場

23 / 烏山競技場
 ⇒ 県立カシマサッカースタジアム

24 / 竜ノ滝競技場
 ⇒ 笠松運動公園陸上競技場

25 / 吾妻関競技場
 ⇒ 群馬県立敷島公園県営陸上競技場

26 / 仲町競技場
 ⇒ さいたま市浦和駒場スタジアム

27 / 綾瀬中野スタジアム
 ⇒ 埼玉スタジアム2002

28 / 吹上競技場
 ⇒ 市原臨海競技場

29 / 緑が丘サッカー場
 ⇒ 日立柏サッカー場

30 / 日の原スタジアム
 ⇒ 味の素スタジアム

31 / 中原競技場
 ⇒ 等々力陸上競技場

32 / 湊ヶ丘陸上競技場
 ⇒ NISSANスタジアム

33 / 千元台球技場
 ⇒ 横浜市三ツ沢公園球技場

34 / 青原公園競技場
 ⇒ 平塚競技場

35 / 塩亀丸競技場
 ⇒ 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場

36 / 楠美浜スタジアム
 ⇒ 新潟スタジアム(ビッグスワン)

37 / 大谷球技場
 ⇒ 日本平スタジアム

38 / 西貝塚球技場
 ⇒ ヤマハスタジアム(磐田)

39 / 三好ヶ丘陸上競技場
 ⇒ 名古屋市瑞穂陸上競技場

40 / 五条公園競技場
 ⇒ 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

41 / 春日丘公園競技場
 ⇒ 万博記念競技場

42 / 梅森陸上競技場
 ⇒ 長居スタジアム

43 / 井吹台公園競技場
 ⇒ 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

44 / 大塚競技場
 ⇒ 広島ビッグアーチ

45 / 麻貫競技場
 ⇒ 徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場

46 / 宇美の森球技場
 ⇒ 東平尾公園博多の森球技場

47 / 豊仁平球技場
 ⇒ 鳥栖スタジアム

48 / 濱凪陸上競技場
 ⇒ 大分スポーツ公園総合競技場(ビッグアイ)

49 / 桜川競技場
 ⇒ 国立霞ヶ丘競技場

50 / 憩の郷グラウンド
 ⇒ Jヴィレッジスタジアム

51 / ナンソ市民総合競技場
 ⇒ ソウルワールドカップスタジアム

52 / ナコーン・ラーチャシーマ
 ⇒ 釜山アシアドメインスタジアム

隠しスタジアムはまだ未出現です。国内スタの名称はここを参考にしました。西京極については、正式名称だと文字数オーバーになったので最後の「兼球技場」はカットしました。ワールド版にあったスタジアムとしてはエミリア・スタジアム(エンニオ・タルディーニ)のみ削除されてます。理由は不明ですが。そして国内スタ以外で新登場となるナンソ市民総合競技場ですが、形状から見てソウルワールドカップスタジアムで間違いないでしょう。韓国ナショナルチームのホームスタジアムにもなっていますし。ただ、なぜかFCソウルのホームスタジアムにはなっていません(エスタディオ・グランチャコになっていた)が…現実世界のFCソウルってワールドカップスタジアムをホームスタジアムとして使っていないのか?Kリーグはまったく知識がないのでわからん。



■収録されていない選手

鹿島:
吉澤 佑哉
山本 拓弥
田代 有三

浦和:
サントス
千島 徹
中村 祐也
エスクデロ

大宮:
辻田 真輝
レアンドロ
若林 学

千葉:
竹田 忠嗣
中原 浩介
芳賀 博信
松ヶ枝 泰介
堀川 恭平
金 東秀
川淵 勇祐

柏:
石川 直樹
宇野沢 祐次

東京:
近藤 健一
森田 耕一郎
中村 亮
鈴木 健児
リチェーリ

東京V:
なし

川崎:
植草 裕樹
大久保 将人
飛騨 暁
渡辺 匠
アラゴネイ
都倉 賢
西山 貴永

横浜FM:
飯倉 大樹
田中 裕介
天野 貴史
狩野 健太

新潟:
諏訪 雄大
藤井 大輔
田中 秀哉
吉澤 正悟
船越 優蔵
ネット
マルセウ

清水:
平岡 康裕
青山 直晃
吉田 康弘
山本 真希
岡崎 慎司
鈴木 真司
前田 高孝

磐田:
八田 直樹
中村 豪
カマラ
藤井 貴
岡本 達也

名古屋:
内藤 友康
諸江 健太
西川 司
井上 渉
高橋 良太
鴨川 奨
平山 智也
津田 知宏

G大阪:
小暮 直樹
松岡 康暢

C大阪:
山城 純也
中井 義樹

神戸:
荻 晃太
松本 昂聡
石澤 典明
吉田 真史
中村 友亮
大江 勇詞

広島:
森脇 良太
入船 和真
田村 祐基
盛田 剛平
ジョルジーニョ

大分:
梅崎 司
福元 洋平

札幌:
野田 達郎

仙台:
大河内 英樹
菅井 直樹
秋葉 竜児

山形:
なし

水戸:
ファビオ
渡部 学

草津:
杉山 琢也
堺 陽二

横浜FC:
日比 康順
高橋 聡
三浦 雅樹
望月 重良
大槻 亮輔

湘南:
北出 勉
青柳 雅信
渡部 翼
ゴーラン
鶴見 聡貴

甲府:
佐藤 優也
大西 容平
保坂 一成
鈴木 隼人
白尾 秀人

京都:
渡邉 大剛
池松 秀明
田中 康啓

徳島:
内海 宏昭
島津 虎史
石田 祐樹

福岡:
河野 直人
沖本 尚之
城後 寿
釘崎 康臣

鳥栖:
河原 正治
落合 正幸

とりあえずJ1だけですが、トップ登録されているにもかかわらずゲーム内に存在しない選手を調べてみました。この中で2種登録なのは大分の福元だけかな?浦和のエスクデロや清水の山本は最近になってプロ契約を結んだ元来2種扱いの選手なので、これらの選手がゲーム内に入っていないのはしょうがないにしても…チーム間によって随分と差がありますねぇ…。東京Vはトップ登録の選手が全員入っているだけでなく、2種登録の選手が2人も入っていました(三原と弦巻)。開発スタッフは東京Vファンですかそうですか。「コイツが入っていないのかよ!」という名前もチラホラ。柏の宇野沢とか、新潟の船越とか、清水の青山とか、名古屋の鴨川とか、広島の盛田とか。

J2も調べ終わりました。トップ登録メンバーが全員ゲームにもいるチームは東京Vと山形の2チームだけ。ゲーム内の登録選手を各チーム均等にしようとした結果だとは思うのだが…ウイイレってJリーガーの中にもプレイしている人が多いようだが、いざプレイしようとして自分がゲーム内にいなかったら、さぞや寂しいでしょうねぇ…東京だとスズケンあたりが泣いてそうだなぁ。



■移籍
西谷 正也 / 浦和⇒札幌(背番号29)
山下 芳輝 / 柏⇒大宮(背番号32)
濱田 武 / C大阪⇒鳥栖(背番号34)
阿部 吉朗 / 大分⇒東京(背番号11)
小森田 友明 / 大分⇒山形(背番号9)
高田 保則 / 湘南⇒横浜FC(背番号32)
立石 飛鳥 / 福岡⇒鳥栖(背番号12)
宮原 裕司 / 鳥栖⇒C大阪(背番号16)
村主 博正 / 鳥栖⇒福岡(背番号13)

ルイゾン / 名古屋⇒サルトル(サントス)

米山 大輔 / C大阪⇒未所属(ロッソ熊本)
近藤 祐輔 / 草津⇒未所属(草津サテライト)
三浦 知良 / 横浜FC⇒未所属(シドニーFC)
カシアーノ / 湘南⇒未所属(退団)
福嶋 洋 / 福岡⇒未所属(ロッソ熊本)

Jクラブ間の移籍は9選手。背番号は移籍先クラブでつけることになる背番号です。ルイゾンは唯一Jクラブから海外クラブへ移籍する選手。サルトルはリネーム前の名称で、正式名称はサントス。で、残りの5選手はゲーム内に存在しないクラブへと移籍した選手です。カシアーノだけは「家庭の事情により帰国、そのまま退団(登録抹消)」とのことですが…。
posted by BM at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイニングイレブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。