2005年11月16日

日本×アンゴラ

そういえば今日は代表の試合がありましたね…すっかり忘れていて、前半30分過ぎから見始めました。前半はスコアレスで終了。なんちゅうか…ヌルい試合ですねぇ。後半は見なくてもいいかなぁ、とも思えてしまう。この試合で収穫になるものってあるんだろうか?後半は阿部とか松井とか村井を出して経験を積ませるだけでいいでしょう。こんな試合では経験になるかどうかもわからんけど。

ぶっちゃけ茂庭や加地や土肥のいない代表なんて見てもつまらんだけですわ。
はぁー、明日のJWE9が楽しみやなぁ。



はい試合終了。オーストラリア、ワールドカップ出場おめでとう!…ではなく。日本×アンゴラの結果は0-0のスコアレスドロー…の直前に松井大輔のゴールで日本の勝利。おめでとさん。ゴールだけでなく、松井の力は間違いなくワールドカップでも必要になると確信。代表に定着したと断言してもいいでしょう。というか、これで次外したら監督は無能です。今でも十分無能ですが。

試合内容については語るまでもないので、現時点でワールドカップのメンバー23人を選ぶとしたら、どのような顔ぶれになるのだろうか…ちょっと俺なりに選んでみました。

GK(3人):
川口 能活(磐田)
土肥 洋一(東京)
西川 周作(大分)

DF(7人):
中澤 佑二(横浜FM)
茂庭 照幸(東京)
加地 亮(東京)
三都主アレサンドロ(浦和)
宮本 恒靖(G大阪)
田中 誠(磐田)
駒野 友一(広島)

MF(9人):
中田 英寿(ボルトン)
中村 俊輔(セルティック)
松井 大輔(ルマン)
福西 崇史(磐田)
今野 泰幸(東京)
小野 伸二(フェイエノールト)
阿部 勇樹(千葉)
村井 慎二(磐田)
小笠原 満男(鹿島)

FW(4人):
久保 竜彦(横浜FM)
田中 達也(浦和)
柳沢 敦(メッシーナ)
大久保 嘉人(マジョルカ)

基本的には過去に一度でも代表に呼ばれたことがある人を対象に。第3GKだけは経験を積ませる意味で将来有望な西川を。ちなみに基本フォーメーションは4-4-2で、DFとMFは上の4人、FWは上の2人がスタメンという考えです。それにしてもFWの人材不足が深刻だねぇ。高原や大黒は親善試合レベルで点取るのに苦労しているようでは本番では無理でしょう。ドリブルという大きな武器がある田中達と、スケールの大きさは日本一(いつまでこう言われるのか)の久保のコンビがベストと思います。んで控えになんでも屋の柳沢と、スーパーサブ大久保。

松井はスタメンでも十分使えると思う。怪我がちの小野はどうにも信用ならんし、小笠原はムラがありすぎだし(以前の松井もムラが激しかったがフランスで揉まれて成長した)。個人的には今野もスタメンの力はあると思っているのだが、総合的に見ると福西の方が一枚上かなと。



「過去に代表に呼ばれたことがある人」という縛りで考えると、ほんと人材不足って感じがします。ほぼ常に固定メンバーでやってきたツケが回ってきた、ってところでしょうかねぇ。
posted by BM at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9412464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。