2005年11月12日

鹿島×東京

前節は首位のG大阪を撃破した東京、今節は2位の鹿島のアウェーに乗り込んでの一戦。前半終わって1-1。東京V戦、G大阪戦に続いて先制を許すも終了間際に同点に追いつくという、いわば「吉兆」パターン…とっても、全体を見ればやはり優勝を目指す鹿島の動きが目立っていた。

前半の東京の穴は梶山。ここ数戦は守備でも粘り強さが出てきて、持ち前の攻撃センスがさらに引き出されたような印象を持っていたのだが…今日は中盤の、しかも自陣に近いところでボールを奪われる場面が幾度となくあり、完全に狙われていた。正直言って、0-1で前半が終わっていれば、後半頭から文丈に代えてくれと書くつもりでいたのだが、同点に追いついたことで監督がどういった采配を考えているのかが注目。引き分けでも大きな価値がある試合なので、梶山を90分引っ張るというのは非常に怖い…梶山を交代させるのかさせないのか、させるのであればどの時間帯で交代するのか、がキーポイントになるかも。もちろん、梶山が後半立ち直っていつもの鬼キープを見せてくれるのが一番いいのだが。

いくら試合内容が劣勢とはいえ、得点は1-1。焦りが出てくるのは鹿島の方だろう。中盤の守備がしっかりしてくれば、引き分け以上の結果も十分期待できそうだ。



予定通り?の1-1ドローで終了。首位のG大阪が3位浦和に2-1で勝ったので、鹿島にとっては痛恨の引き分けになっちゃいましたな。東京は最後まで守備陣が踏ん張った。茂庭の怪我が心配…代表レギュラーを狙う大事な時期だけに軽傷であってほしいが。

梶山は最後まで危なっかしいままだった。原監督もおそらくはもっと早い時間帯に文丈と帰ることを考えていたのではないか。ただ、そこで茂庭の負傷という想定外の出来事があったため、予定外の交代(茂庭→文丈)をせざるを得なくなってしまった。サブメンバーにDFを入れていなかったことがマイナスに働いたことになってしまったが、このような采配ができるのも今野や藤山への信頼が高いという裏付けだろう…今日の藤山はちょっとお疲れモードだったけど。しかし、これでベンチにも入れない増嶋や尾亦や迫井や前田は…来シーズンの身の振り方を考えておいたほうがいいかもね。

今日のMOMは(というか、今やどんな試合でも欠かせない選手なのだが)今野。ゴールだけでなく、梶山のポカを補って余りある獅子奮迅の運動量。なぜアンゴラ戦の代表メンバーに選ばれなかったのか不思議でならない(東京にとってはプラスではあるのだが)。あとは規郎。ホントに逞しくなった。もう戸田の出る幕はなくなったと言ってもいいかもしれない。東京の左サイドは数年は安泰…とは言い過ぎかもしれないが、今まで右の石川一辺倒だったサイド攻撃にもうひとつ武器が加わったと言ってもいいだろう。

あとはルーカスか…守備で多大なる貢献をしていることは認めるし、それだけに欠かせない選手だとも思っているが、やっぱりゴールがほしい…次節こそササ先発でいってほしいなぁ。そして茂庭がダメならば代役は増嶋で。もう降格の心配はないだろうし、素質はあるのだから。あとは使ってやらないと。
posted by BM at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。