2005年11月05日

ナビスコカップ決勝

昨年は我らがFC東京が歓喜の初タイトルを手にしたナビスコカップ。今年もともに初タイトルを目指す千葉とG大阪の対決。前半終わって0-0。決勝にふさわしい引き締まった内容でしたが、どちらかと言えばG大阪が押し気味だったかな。

G大阪では、やはりアラウージョとフェルナンジーニョのコンビが脅威だった。ただ前半は千葉ディフェンスがギリギリのところでなんとか持ちこたえている。後半はマークのズレも修正してくるだろうし、疲れと得点できない焦りから動きも落ちてくると思われる。後半20分くらいまで無失点でいければ、いずれこの2人はミスを繰り返すことになるのではと見てみるが…G大阪としては、ブラジル人コンビよりも二川→大黒のホットラインに活路を見出したいところか。

一方の千葉は、なかなかトップの巻が高い位置でボールを受けることができていない。右サイドの山岸、左サイドの坂本は幾度となく攻め上がりを見せ、阿部と佐藤のボランチも積極的にゴール前まで進入してくるのだが、その一方でトップ下の羽生とポペスクがイマイチ攻撃に絡んでいない印象がある。どちらかを外して林を入れることになると思われるが、その時間帯がいつになるのか、オシム監督の采配に注目したい…と思ったら後半頭から羽生に代えて工藤かぁ。林はいつ出てくるんだろう。

ゴールが決まるとすれば、G大阪は大黒か遠藤、千葉は阿部か林と予想。90分で終わるとしたら、どちらが勝つにしろ1-0になるんじゃないかなぁ。



いやー、去年を思い出しましたよ。PK戦がホーム側のゴールで行われることが決まったときに「千葉が勝つな」と直感しました。しかし千葉のキッカー5人は途中出場の工藤、水野、林に日本代表の阿部と巻。他の選手に比べて足にきていないであろう若手3人と、代表で経験を積んだ2人をキッカーに指名したオシムの判断力は素晴らしかった。それに応えた5人も素晴らしかった。初タイトルおめでとう。

G大阪とすれば、90分で決着をつけなければならなかった。延長ともなれば、持久力に勝る千葉にジリジリと押し込まれるのはわかっていたはず。つまり、選手交代で先手を打たなければならなかったのはG大阪の方だった。しかしオシム監督は躊躇なく後半の頭からカードを切り、90分のうちに3枚の交代枠を使い切るという"賭け"に出た。だがその"賭け"に踏み切ったのは、選手たちの持久力を信頼していたからだ。

一方の西野監督は、常に選手交代が後手に回ってしまった。攻めの選手交代は一度もできず、ピッチに立っている全選手のスタミナの消耗具合を見定めながらの交代をせざるを得なかった。結果的には二川と橋本が試合続行不可能なまでに疲弊してしまい、その穴を埋める形の交代で難を逃れた形になったわけだが、最後に残った攻撃の切り札である吉原をあのような形で出さざるを得なかったと言うのは何とも勿体無かった。吉原は延長前半の頭から投入しても良かったのではないか。千葉がまだまだ元気な水野を中心に攻撃を組み立てていたのに対し、G大阪は交代で入った入江が目立つことはほとんどなかった。

結果論だが、90分で決着がつかなかった時点で千葉の勝利は決まっていたのかもしれない。そして、90分でG大阪にゴールを許さなかった千葉の守備陣が今日の勝因だ。特にストヤノフ。度々ミスを犯してアラウージョにボールを奪われていた結城を補って余りある働きぶり。MVPは千葉GK立石とのことだが、真のMVPはストヤノフだったと思う。



これでJリーグ発足時の10チームのうち、タイトルを保持していないチームはG大阪だけになった(広島も実質無冠だが、一応ステージ制覇の実績はある)。リーグ戦ではまだ首位を走っているんだから、何とかリーグで初タイトルを勝ち取ってほしいですねぇ。リーグ戦の次節は浦和との上位対決だし、早くPK負けのショックから立ち直ってもらいたいもんです。そして東京は鹿島を叩いて援護射撃してやらないかんな。
posted by BM at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。