2005年10月15日

東京×広島

NHK-BS1で観戦、前半はスコアレス。

しかし…東京のメンバーを見てまず思ったのは「開幕時とは大違いだなぁ…」。東京の代名詞と言えば『サイド攻撃』そして『DF陣の裏を取る速い攻撃』なのだが、その申し子とも言うべき石川・戸田・鈴木規・加地・金沢といった面子が一人もおらず、中盤の4人は梶山・宮沢・栗澤・馬場という、ぶっちゃけトンデモな布陣。当然ながら攻撃パターンとしてはサイド攻撃を捨てて中盤でパスを繋ぐ形を取らざるを得ないのだが、元々そのような攻撃パターンは不慣れな東京の面々、満足にボールが繋がらない。基本的なキックの精度が全体的に欠如しているというのが明白です。特に宮沢の不甲斐なさっぷりときたら…干される理由もよくわかるというもんです。運良くシュートチャンスまで持っていけたとしても、シュートがポストを叩くなど決定力不足…これじゃ何試合やってもゴールは奪えないだろうな。

後半もう始まってるが…このままじゃ良くて0-0。ササの使いどころが鍵だな。



結果は予想外の2-2でした。何と言っても阿部吉朗の素晴らしいゴールに尽きる。あれは1年に1回あるかないかといったスーパーウルトラゴールでしょう。もう一度やれと言われても無理でしょうね。ほんと、救世主ですよ阿部ちゃん!

その後、なんとも情けない形で2点目を奪われるも、その1分後に今度は鈴木規郎が1年に1回あるかないかのグラウンダークロスを入れ、これまた馬場が1年に1回あるかないかの絶妙な合わせで同点に追いついてしまうのだからサッカーはわからない。奇跡が2度起きたといっても過言ではないだろう。それぐらいに素晴らしい2ゴール。

だが、その勢いのまま勝ち越しゴールを奪うことができないのも今の東京なわけで。2ゴール以外の場面はひたすらに決定力不足。終了間際は一方的に押し込んでいたにもかかわらず、いつも通りにドローで終了。ただ、このドローは悲観するものではなかった。もちろん勝ち点3が欲しかったのは確かだが、ササのポテンシャルの高さを改めて思い知ったし、阿部ちゃんも90分やれる目処がついたし、戸田も戻ってくるし、金沢も戻ってきたし。明るい材料が出てきたことはプラス。

そして次節の東京ダービーは正真正銘の大一番になる。ここで勝利を掴むことができれば降格圏から脱出と言いきってもいいくらいの勝ち点差を下位チームにつけることができる。また、ダービー後はG大阪→鹿島→千葉→C大阪と上位チームが続き、最悪4連敗も十分考えられる。その前にできる限り勝ち点を稼いでおくことが非常に重要だ。

自動降格の1枠は神戸でほぼ当確。残りの1枠は東京V・大宮・清水あたり。そして入替戦枠は柏・新潟あたりまで可能性がある。次節に東京Vを叩くことで残留への道は大きく開ける。アウェー扱いとはいえ、おそらくはホームと同じような客の入りになるであろう。とにかく次節は絶対に勝利を!
posted by BM at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。