2005年10月12日

日本×ウクライナ

報ステで日本のスタメンが発表されてました。

FW:高原、柳沢
MF:稲本、中田浩、中田英、中村
DF:三都主、茂庭、坪井、駒野
GK:川口

オールスター組が合流することはなかったんですね。以前に「オールスター後にウクライナへ向かう」てな内容の記事を見たので勘違いしていました。フォメは4-3-1-2でボランチの底は中田浩ですか…2戦続けての失敗は許されんぞ。おそらくは後半の途中で村井と箕輪を投入して3バックにシフトすることになるでしょう(GKを除けば、ラトビア戦に出ていないのは前述の2人だけだし、せっかく招集したからには試すべきだと思うしね)。

そしてウクライナだが、残念ながらFWシェフチェンコは怪我の影響と体調不良で出場は無理ということに。その他の注目選手としては、FWヴォロベイ、MFティモシュチェク、MFシュライェフといったところでしょうか。

しかし…また角澤か!試合前のセレモニーで両国国旗が物凄い勢いで揺れていて相当風が強そうなのだが、そんな事お構いなしに角澤くんは用意された定型文を読み上げるだけでした(笑)。こりゃ今日も我慢だな…



前半終了してスコアレス。特に見所のない(特に日本の攻撃)展開でした。やっぱりラトビア戦の高原のアレは正真正銘のラッキーパンチだったんだなぁ。ロクに楔を受けることもできないし、まるでゴールの匂いがしないわ。まぁそれでもシュートを打っているだけ柳沢よりかはマシだが…後半頭から大久保&鈴木に交代でいいんじゃないかね?鈴木なら少しはゴール前でファウルもらえると思うし。

中盤では…やっぱり稲本だよなぁ。左SBの三都主ともどもウクライナの右SBシュライェフに軽くあしらわれる始末。早々に黄紙もらっちゃったし、2枚目もらっちゃう前に松井にチェンジだな。んで三都主も相変わらず守備がお粗末。ウクライナに完全に狙われていたし、左SBができるのならば、さっさと村井とチェンジしてほしいところだが、出てきても後半30分くらいかなぁ。

三都主以外のDFラインは概ね安定(終了間際に1本やばいパス通されたけど)。スピードという面では茂庭と坪井はウクライナ選手の上を行っている。駒野は…肝心なときに上がっていない。ウクライナがサイドを再三にわたって突いてきただけに、なかなか攻撃参加のタイミングを計るのが難しかったのだろうが、ここぞという場面では躊躇なく上がっていってほしいところ。

選手が出てきた…お、鈴木隆行発見。いいぞいいぞー。



試合終了。結果はさておき、こういう状況がワールドカップ本番でも起こりうる可能性はゼロではないわけだし、なかなか経験できないシチュエーションを経験できたという意味では、わざわざ東欧くんだりまで遠征してきた甲斐があったというものかもしれません。マルセイユの中田さんとラトビアの主審さんに感謝しなきゃいけないかもですね(笑)。

で、ウクライナの力量というのもある程度は見えたと思います。やはり所詮はシェフチェンコにおんぶに抱っこ。シェフチェンコを抑えられてしまえば順当に3戦全敗じゃないかねぇ…もう一人の点取り屋であるヴォロニンもいなかったので言い過ぎかも知れんが、グループリーグ突破はかなり厳しいんじゃないでしょうか。まぁ、他国の心配する前に自分とこの心配するべきなのは重々承知の上ですが。

マルセイユの中田さんは、前半の動きは結構よかった。時折見せるドリブルが効果的だったし、守備も落ち着いて対応していた(稲本が終始バタバタしていたのとは対照的)。それだけにあのプレーは軽率以外の何物でもない。並の代表監督であれば、あのプレーで代表からオサラバになってもまったく不思議はないくらいだ…が、ウチの監督は超のつく大物だから、その心の内は誰にも分かりませんけどね。俺的には稲本なんかよりもよっぽど代表に必要な人材と思っているのだが。複数のポジションをこなせるユーティリティ性があるし。



川口 6.0 開始直後のナイスセーブで波に乗れた。PKは致し方なし。
坪井 6.0 今日はよく集中していた。持ち味のスピードは通用する。
茂庭 5.5 前半は良かったが…後半に集中を切らすシーンが目立った。
駒野 6.0 前半は守備に忙殺。後半は攻撃にもよく顔を出した。
三都主 4.5 いつも通り。今日は攻撃でも役に立たず。
稲本 5.0 ガス欠の中懸命に動いてはいたが、凡ミス多すぎ。
中田浩 4.0 軽率の一言。猛省せよ。
中田英 7.0 まさしくチームの精神的支柱。あとはシュートが…
中村 5.5 雨と風の影響か、キックの精度が今ひとつ。
高原 5.0 ラッキーは2度は続かない。無気力プレーの連続。
柳沢 5.0 シュート打ちましょう。

鈴木 5.5 もっとゴール前で体張ってほしかった。FWの仕事はゼロ。
箕輪 6.0 高さは十分武器になる。PKは不運。次もチャンスを与えるべき。
村井 5.5 守備のポジショニング悪すぎ。4バックでは使えそうにない。
松井 6.0 短い時間の中でできることを懸命にやろうとする姿勢は良かった。
大久保 - 評価なし

ジーコ 5.5 選手交代は予め予定したものだとは思うが概ね問題なかった。

それにしても、この試合の主審はヤバかったなぁ。前回大会のモレノ主審を思い出してしまったよ。中田浩の退場は妥当だけど、最後のPKとロスタイムの短さは…特にロスタイム、執拗に時間稼ぎをするGKの側までわざわざ歩いていって黄紙を突きつけたにもかかわらず表示どおり3分ほぼきっかりで試合終了。主審とGKがグルになって時間稼ぎしたと見られてもしょうがないぞ、あれは。しかし、なんで4日前に対戦した国と同じ国籍の審判団を起用したのだろうか…
posted by BM at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャッジ激辛だったよねぇ。ま、それを引いても、攻めきれなくて負けてるんで、見ててイライラしますな。
あとサントスはいつ首になりますか。替わりの選手はまだですか?
Posted by 泳犬 at 2005年10月13日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8045050

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。