2005年10月09日

W杯予選を占う(4)

昨日の試合が終わった時点で多くの国が出場を決めました。特にアフリカは5ヵ国中4ヵ国が初出場という実にフレッシュな顔ぶれ。セネガル・カメルーン・南アフリカ・ナイジェリアといった常連国が予選敗退の憂き目に遭いました。欧州ではワイルドカード争いで重要な役回りにいたチェコがあっさりとオランダに負けてしまったため、2枠のワイルドカードもグループ6とグループ8にほぼ決定。イングランドは大一番を前に出場を決めることができてさぞや胸をなでおろしていることでしょうね。



■欧州:グループ1■

オランダ 勝点31(残り1試合) 出場決定
ルーマニア 勝点25(全日程終了)
チェコ 勝点24(残り1試合)

▽10/8の結果▽
チェコ 0-2 オランダ
フィンランド 0-1 ルーマニア

▽10/12の試合▽
フィンランド×チェコ

※プレーオフ進出を懸けてチェコはフィンランドとのアウェー戦。[チェコ○でチェコがプレーオフ進出、チェコ△か●でルーマニアがプレーオフ進出]です。両国の直接対決ではルーマニアが上回るため、チェコは引き分けでもアウト…チェコ大ピンチ。フィンランドは楽な相手ではありません。



■欧州:グループ2■

ウクライナ 勝点25(全日程終了) 出場決定
トルコ 勝点20(残り1試合)
デンマーク 勝点19(残り1試合)
ギリシャ 勝点18(残り1試合)

▽10/8の結果▽
デンマーク 1-0 ギリシャ

▽10/12の試合▽
アルバニア×トルコ
カザフスタン×デンマーク
ギリシャ×グルジア

※デンマークが2位争いに踏み留まり、3チームが団子状態のまま最終節へ。もちろん有利なのはトルコですが、アウェーでアルバニアという一筋縄ではいかない相手が残っていました。一方デンマークは断トツ最下位のカザフスタンなので勝利は間違いないところでしょう。ギリシャは上にいる両国が共にコケてくれないと望みがないため、現実的には絶望的。トルコ70%・デンマーク25%・ギリシャ5%といったところでしょうか。一応、勝点が並んだ場合を考えてみると以下のとおり。

【トルコ△=勝点21、ギリシャ○=勝点21(デンマーク△か●=勝点20or19)】
この場合、トルコとギリシャの直接対決は2分けなので得失点差の争い。現時点でトルコが+13、ギリシャが+5なのでトルコが上回ることはほぼ確実。

【トルコ●=勝点20、デンマーク△=勝点20(ギリシャ△か●=勝点19or18)】
この場合も、トルコとデンマークの直接対決は2分けなので得失点差の争い。現時点でトルコが+13、デンマークが+11なのでトルコ有利。トルコが2点差の負けならば得失点差も並ぶので総得点の争いになりますが、これはトルコとデンマーク共に22で並んでいます。トルコが0-2で敗れ、デンマークが0-0で引き分けとなれば両国間でプレーオフとなりますが、まぁ可能性は万に一つも無いでしょう。



■欧州:グループ3■

ポルトガル 勝点27(残り1試合) 出場決定
スロバキア 勝点22(残り1試合)
ロシア 勝点22(残り1試合)

▽10/8の結果▽
ポルトガル 2-1 リヒテンシュタイン
ロシア 5-1 ルクセンブルク
スロバキア 1-0 エストニア

▽10/12の試合▽
スロバキア×ロシア

※スロバキアのホームでプレーオフ進出を懸けた直接対決。引き分けた場合は両国の対戦成績は2分けとなるので得失点差の争いになりますが、現時点でスロバキアが+16、ロシアが+11なのでスロバキアが上回ります。つまり[勝った方がプレーオフ進出、引き分けの場合はスロベニアが進出]となります。



■欧州:グループ4■

イスラエル 勝点18 - 得失+5(全日程終了)
スイス 勝点17 - 得失+11(残り1試合)
フランス 勝点17 - 得失+8(残り1試合)
アイルランド 勝点16 - 得失+7(残り1試合)

▽10/8の結果▽
イスラエル 2-1フェロー諸島
スイス 1-1 フランス
キプロス 0-1 アイルランド

▽10/12の試合▽
アイルランド×スイス
フランス×キプロス

※ここは最後まで1位2位が決まら造ままでしたね。現在首位のイスラエルですが、既に全日程を終了。他の3ヵ国との対戦成績は全て2分けなので、勝点で並んだ場合は得失点差の争いになりますが、現時点でも他の3ヵ国より下回っています。アイルランドとスイスが直接対決なので、どちらかに順位で上回られることは確定。フランス●の場合およびフランス△スイス△の場合に2位確定ということになりますが、フランスの相手は格下キプロス。残念ながらイスラエルは敗退がほぼ決定していると言っていいですね。勝点17で並ぶスイスとフランスが共に勝利した場合は以下のようになります。

【フランス○=勝点20、スイス○=勝点20(アイルランド●=勝点16)】
アイルランドが敗退決定。フランスとスイスは直接対決で2分けなので得失点差の争いになりますが、現時点では3差でスイス有利。[フランス4-0、スイス1-0]という形で並ぶことになりますが、総得点ではスイスが圧倒的に上回っています(現時点でスイス18、フランス10)。

3ヵ国の状況をまとめてみると、スイスは[○で1位通過=W杯出場濃厚、△でプレーオフ進出濃厚、●で予選敗退濃厚]。フランスは○を前提として[5〜6点差以上の大勝で1位通過=W杯出場濃厚、それ以下の点差でもプレーオフ進出確定&スイスの結果によっては1位通過の可能性あり]。アイルランドは[○でプレーオフ進出確定、△か●で予選敗退確定]

1位通過の可能性は[スイス50%、フランス49%、アイルランド1%]。2位通過の可能性は[フランス50%、スイス25%、アイルランド24%、イスラエル1%]といったところでしょうか。



■欧州:グループ5■

イタリア 勝点20(残り1試合) 出場決定
ノルウェー 勝点15(残り1試合) プレーオフ進出決定
スロベニア 勝点12(残り1試合)

▽10/8の結果▽
イタリア 1-0 スロベニア
スコットランド 0-1 ベラルーシ
ノルウェー 1-0 モルドバ

※最終節を残して上位2チームが確定してしまいました。最終節に[ノルウェー●、スロベニア○]で勝点が並んでも、直接対決でノルウェーが2勝しているのでノルウェーの2位が確定です。



■欧州:グループ6■

ポーランド 勝点24(残り1試合) 出場決定
イングランド 勝点22(残り1試合) 出場決定


▽10/8の結果▽
イングランド 1-0 オーストリア

▽10/12の試合▽
イングランド×ポーランド

※グループ1でチェコが敗れたため、早々にワイルドカード以上が確定し2チームとも出場決定。最終節は1位通過を懸けた真剣勝負…という名の消化試合に。8月の日本×イランと同じシチュエーションですね。



■欧州:グループ7■

セルビア・モンテネグロ 勝点19 - 得失+14(残り1試合)
スペイン 勝点17 - 得失+10(残り1試合)
ボスニア・ヘルツェゴビナ 勝点16 - 得失+4(残り1試合)

▽10/8の結果▽
ボスニア・ヘルツェゴビナ 3-0 サンマリノ
ベルギー 0-2 スペイン
リトアニア 0-2 セルビア・モンテネグロ

▽10/12の試合▽
セルビア・モンテネグロ×ボスニア・ヘルツェゴビナ
サンマリノ×スペイン

※ベルギーは予選敗退が決定。最終節、スペインは弱小国サンマリノが相手なので勝利は堅いでしょう。1位通過の望みを残すためにも、最低でも4点差をつけての勝利が欲しいところ。セルビア対ボスニアのバルカン半島対決が大きな注目を集めそうです。ボスニアホームの対戦では引き分けだったので、ボスニアとすれば勝利すればセルビアを順位で上回れます。もちろんセルビアは勝利すれば1位確定。勝点が並んだ場合は以下のとおり。

【セルビア△=勝点20、スペイン○=勝点20(ボスニア△=勝点17)】
セルビアとスペインの直接対決は2分けなので得失点差の争い。スペインが5点差以上の大勝ならスペインが逆転、4点差の勝利なら総得点の争いになります。現時点ではセルビア15のスペイン13。[スペイン4-0の勝利、セルビア2-2の引き分け]という状況ならば両国のプレーオフとなります。

【ボスニア○=勝点19、セルビア●=勝点19(スペイン○=勝点20)】
上にも書きましたが、直接対決の成績がボスニアの1勝1分けになるのでボスニアが順位で上回ります。スペインはほぼ間違いなく勝つでしょうから、1位スペイン2位ボスニアとなります。

アウェーのベルギー戦を他り切ったことで、スペインの2位以内はほぼ決まったようなものです。すべてはバルカン半島対決に委ねられることに。



■欧州:グループ8■

クロアチア 勝点23(残り1試合) 出場決定
スウェーデン 勝点21(残り1試合)

▽10/8の結果▽
クロアチア 1-0 スウェーデン

▽10/12の試合▽
スウェーデン×アイスランド

※クロアチアはワイルドカード以上が確定しW杯出場決定。スウェーデンも現時点でほぼ出場が決まっていると言ってもいいのだが、最終節でアイスランドに○か△で確定。



■欧州:ワイルドカード■

まず1枠はグループ6(ポーランドorイングランド)に決定。残り1枠はグループ1(チェコ)かグループ8(クロアチアorスウェーデン)。実際にはチェコとスウェーデンの争いになります。両国とも残り1試合。チェコの勝点を-6した状態で両国の最終節終了時点での勝点を比べてみると

チェコ:現時点で勝点18(得失+14or+9)⇒○21/△19/●18
スウェーデン:現時点で勝点21(得失+24)⇒○24/△22/●21

勝点で並ぶ可能性があるのは[チェコ○、スウェーデン●]の場合のみ。その場合は得失点差の争いになりますが、現時点でも10以上の差がついているため、逆転はほぼ無理と言ってもいいでしょう(チェコの得失点差は最下位チームがアルメニアだと+14、アンドラだと+9になります)。ということで、残るワイルドカード1枠は99.99%スウェーデンが手にしたことになります。



他地区の状況はまた次回。
posted by BM at 11:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

続々決定!
Excerpt: 2006年のワールドカップ・ドイツ大会の出場国が続々と決定しましたね。 まず欧州。 オランダ!ポルトガル!イタリア!ポーランド!クロアチア!イングランド! 中でもオランダは予選無敗で2大会ぶ..
Weblog: Easy Way Out
Tracked: 2005-10-09 13:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。