2005年09月24日

G大阪×鹿島

NHK-BS1で観戦。紙吹雪が舞ってスゲーいい雰囲気だ。さすがは首位と2位の頂上決戦。前半終わって鹿島が2-1とリード。

前半のポイントは、メインスタンド側のサイドの攻防(G大阪の右サイド、鹿島の左サイド)と、両チームのボランチだった。序盤は鹿島の左SB新井場が再三攻撃参加を見せ、中盤の深井も絡んでG大阪の守備陣をかき回した。そしてアレックス・ミネイロのポストから、ボランチの位置から小笠原がスルスルと上がってきてゴール。G大阪は誰が小笠原のマークを見るのかが徹底されていないように見えた。

中盤からは、G大阪の右サイド松下が積極的に攻め上がり、新井場をDFラインまで押し込んでからはG大阪が攻撃のリズムを掴んだ。そしてG大阪の左サイドも度々フリーになりだし、そして二川のクロスから最後はアラウージョが同点ゴール。フェルナンジーニョが二川を囮にドリブルを仕掛けるケースが多いのでボールタッチ自体は多くなかったが、二川の一発のクロス精度は見事だった。

が、前半終了間際に鹿島が小笠原のFKで再び勝ち越し。ボランチのバランスは鹿島が1枚上をいっていた。G大阪は遠藤の攻撃参加をもっと増やしてこなければならないだろう。後半は小笠原と遠藤、どちらがより攻撃的な仕事ができるかが鍵になると見る。



結果は3-3のドロー。いや〜、面白い試合だった。G大阪サポーターにとっては疲れがドッとくる展開だっただろうけど。それにしても後半44分に勝ち越し弾叩き込む→ロスタイムに同点弾くらうって、こんな展開以前にもあったような…まぁこれもG大阪の魅力?のひとつか。

鹿島は後半立ち上がり、受けて立ってしまったと言うわけではないのだろうが選手全体の動きが重い。一方のG大阪は早めに同点に追いつこうと懸命にプレッシャーをかけてきた。そして苦し紛れにGKへバックパス→曽ヶ端のミラクル炸裂→同点ゴール。曽ヶ端のミスは責められて当然だが、チーム全体の緩慢な姿勢が許したゴールとも言える。

その後は鹿島も持ち直しはしたが、やはり流れはG大阪へ。だがあと一歩のところで勝ち越しゴールが決まらない。遠藤がフリーで抜け出したシーンは絶対に決めなければならなかった。曽ヶ端もなんとかミスを取り戻そうと必死だったのだろうが。後半も半ばを過ぎると両チーム選手交代で流れを引き寄せようとする(G大阪は家長、鹿島はリカルジーニョがいい動きをした)が、ともに決め手を欠き膠着状態へ。このままドローかなと思いきや…

G大阪にとっては不運な点の取られ方だったと言えるかもしれない。自陣からロングボールを放り込み野沢に競らせただけだったのが、ルーズボールが鹿島へ有利に働いた。しかし、そのルーズボールを拾える場所に鈴木、さらにペナルティエリア手前の絶好の位置にアレックス・ミネイロと2人の選手がしっかりと上がっていたのに対し、G大阪の選手の戻りは遅かった。勝ち越しゴールの時点で「勝った」という慢心が生まれていたのではないだろうか。

今日の結果に対しては、両チームとも「負けなかった」ことで良しとしなければならないだろう。それにしても上位2チームとその下の集団との差が詰まってきた。浦和、磐田、千葉、C大阪なども迫ってきているし、ますます優勝争いは面白くなりそう。



一方、東京は…上位陣の中ではG大阪、鹿島、千葉との対戦を残しているが、正直この3チームから勝ち点を奪うことは難しいだろうな。よって、下位同士の直接対決では絶対に取りこぼしできない。明日は大分と、次節は大宮と、その次は東京Vと。この3連戦が非常に大きな山だ。とにかく明日は絶対に勝利あるのみ!
posted by BM at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。