2005年09月17日

横浜×東京

NHK-BS1で観戦。前半終了でスコアレス。全体的に見れば何とも…つまらない展開。

横浜は試合開始直後はロングボールを多用し、15分過ぎからは中盤で繋いできたりと攻めの形を模索しながらのサッカー。対する東京はと言えば、いつもどおりに両翼を走らせたり、通る見込みの薄いクロスをゴール前に上げてみたり…いつもおどりに空回りの攻撃でした。今日のチームの「癌」は鈴木規郎であろう。左利きの規郎を右サイドに配置していることの意味が全く無い。持ち味である内に切れ込んでのキャノンシュートも見た限りでは1本打っただけで、あとはサイドに張り付きっぱなし。ドゥトラや中澤に軽くあしらわれる場面も多かった(今野の素晴らしいダイレクトパスで抜けたシーンもあったけど)。原監督もこのままではまずいと感じたか、15分過ぎからは戸田とポジションチェンジを行って規郎を左サイドに持ってきた。そこで活きのいい動きを取り戻したので「このまま左でいくのかな」と思いきや30分ごろにはまた右サイドに戻してしまい、また元に戻ってしまった。

規郎の突破や左足のキャノンシュートは魅力ではあるのだが、やはり右サイドの選手ではないなぁというのが感想。早い時間帯で石川を投入してくれることを願う。おそらくはササと阿部も投入するものと思われるが、投入の時間と順番も鍵になるかもしれない。俺としてはまず石川(規郎と交代)を、そして阿部(戸田と交代)、ササ(ルーカスと交代)の順番でお願いしたいところ。

ドローでも良しとすべきだろうけど、勝ち点3が欲しい展開だよなぁ。まぁそれは横浜サイドも同じだと思うけど…さてどうなりますか。



-追記-
試合内容も何もかも吹き飛んだ。石川とルーカスの無事を祈る…
posted by BM at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。