2005年09月07日

日本×ホンジュラス

前半終わって…1-3。

なんちゅーか。宮城での試合、台風による強風、1試合のためだけに帰ってきた海外組、相手がすでにW杯予選敗退しているホンジュラス。

「コイツら、やる気ねーんじゃねぇのか?」

ホンジュラスの選手は前線からよく動くなぁ。終了間際の3点目なんか特にそう思ったよ。「もう前半も終わるし、このまま1点差でいいや」と思ってもいい場面なのに、しっかりとチェックに行って結果的にボールを奪ってゴールも奪った。まぁ、あの場面は中田英寿の不注意もあるけど。それに引き換え日本の前線(特に柳沢)の運動量といったら…週末のリーグ戦のことも考えて省エネですか?大丈夫だよ、そんな心配しなくてもおそらく週末はベンチに座りっぱなしだから。

2点取られてようやく目が覚めたのか、中田英寿を中心に運動量も増えてきて1点を返したまでは良かったが、3点目は余計だった…。ただ、中田英寿だけを責める気にはなれない。後半にゴールを決めて汚名を返上してくれることを望みたい。

ちなみに、選手に対して「怒り」は全く感じてません。さっさと選手交代してくれとは思ってますけど。ベンチの選手にとっちゃチャンスだしな。大黒、福西、駒野あたりが早く出てきてくれないかなぁ。



試合終了。5-4。日本の逆転勝利。終わってみれば、わざわざ宮城まで足を運んだサッカーファンはハラハラドキドキの展開を楽しめてよかったんじゃないでしょうか?

さて。宮城とか強風とか蒸し暑さとかモチベーションとか、理由はいろいろ考えられると思うけど。今日の4失点の責任は宮本にあると感じました。今週売りのサッカーダイジェスト(マガジンだったかな?)に宮本のインタビュー記事が載っていて、その中で「コンフェデで結果を出して、4バックでもいけるんとちゃうかなと感じるようになった」てな感じのことを言っていた(立ち読みなんであまり自信ないです、鵜呑みにしないでね)のだが、蓋を開けてみればこの様でした。三都主が完璧に裏を取られたり加地がブチ抜かれたりと、直接の失点の責任は両サイドバックにあるのだが、それ以外にも最終ラインとボランチの間に幾度となく侵入されフリーでミドルシュートを打たれ過ぎ。ラインを上げるのか下げるのかが最後まで曖昧だった。強風のことを考えすぎなのでは?と感じたが、ホンジュラスは風を気にすることなく最後までアグレッシブに(ディフェンスでは足が止まって日本に逆転を許したけど)プレーしてたのに対し、日本は常に「一歩引いた」動き。本大会での試合のときに強風が吹かないとも限らないのだから。風くらいでプレーが縮こまってどうする!

まぁ、最終的には5点もの大量得点で逆転勝ちしたのだから結果オーライでいいと思います。DF陣(特に宮本)以外は今日の4失点は忘れてオッケー。ハーフタイムでジーコに喝を入れられたのか、柳沢の動きも見違えるように良くなって2得点してくれたし、高原も一応ゴールを決めたし。気分よくヨーロッパに帰ることができますな。まぁ週末のリーグ戦では出番無いと思うけど(笑)



にしても。これでまた3バックでいくか4バックでいくかの問題が出てくるのだろうな。俺としてはコンフェデでうまくいった4バックを推したいのだが、今日の宮本の仕切りっぷりを見ると「やっぱり日本には3バックの方が合うのかなぁ」とも。いつまでも(多分今後もずっと)守備の不安が拭えない三都主に、バランスを重視しすぎるあまり攻撃も守備も中途半端になっていた加地と、サイドに不安要素があるのも事実だが。

ジーコがどう考えているのか、そして今後考えを変えることがあるのかは分からんが、「宮本抜きの4バック」を一度見てみたいなぁ。クラブで4バックに慣れている中澤と茂庭のコンビを見てみたい。そしてあくまでも三都主の左SBにこだわるのであれば、ボランチには守れる人…すなわち今野を起用してもらいたい。欧州遠征では以下のようなメンバーが見たいなぁ。

   柳沢  大久保

中村(松井)     中田英

    今野  小野

三都主 茂庭 中澤 加地

       楢崎


楢崎 5.0 可哀想な失点ばかりだが、コーチングにも責任がある。
宮本 4.5 DFラインは最後まで不安定なまま。向いていない…のか?
中澤 5.0 いつものアグレッシブな出足は見られず。
加地 5.0 攻撃も守備も中途半端。今日もよく動いてはいたが。
三都主 5.0 決勝点をアシストも、守備がザルすぎた。
中田浩 5.5 三都主のカバーで手一杯…左SBやってみません?
稲本 5.0 守備に粘りが無い。全盛期の輝きは取り戻せないのかなぁ…
中田英 6.0 痛恨のミスを犯すも、最後まで攻撃の姿勢を見せ続けた。
中村 6.5 やはりセットプレーでは頼りになる。
高原 6.0 1点は取ったけど、物足りなさが残った。
柳沢 7.0 後半になって変身。同点ゴールは見事だった。

小笠原 6.5 決勝ゴールで存在感を見せ付けた。
玉田 5.5 試合の流れに入ることが出来ずに空回りの連続だった。
大黒 - 評価無し
田中誠 - 評価無し

ジーコ 6.0 乱戦を最終的にモノにしたことは大きな経験になったのでは。

-ちょっと追記-
自分でも「中田英の採点甘いなぁ」と思うことがありますが、やっぱり中田英の存在は大きいと思ってるんです。あれだけの「攻めの意志が入った縦パス」を出せる人は他にはいないでしょう。小笠原には出せないパスだ。
posted by BM at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰が何点入れたんやったっけか?
5点の内訳が思い出せない。。。
トシかな。
えりり
Posted by えり at 2005年09月10日 03:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6665701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。