2005年08月20日

浦和×東京

いよいよJリーグ再開。我らがFC東京の目標は…とりあえず残留。ナビスコも敗退しちゃってるし、サポーター的にはどうにもモチベーションの上がらない展開だけど、選手はいつでも100%の力を出し切れ!

っちゅうことで浦和戦、BS-iで観戦。前半終わって1-1の同点。早い時間帯に新戦力・ササのゴールで幸先良く先制したが、その後は今までの悪い東京の典型のように中盤でボールが収まらずにロングボール頼み…ササのゴールは「これぞ点取り屋」という素晴らしい動きではあったのだが、逆にあの先制点で早くも選手の中に「守り」の意識が芽生えてしまっているように感じた。で、土肥を中心に浦和の猛攻をなんとか凌いでいたが結局は永井に同点ゴールを許す。あの場面はポンテと永井に完璧にやられたね…致し方なし。

正直言って、今日の出来で勝利を目指すというのは厳しいかもしれない。おそらく原監督は攻撃的な選手交代を行ってくるだろうけど、そこで点が取れないと…良くて2-2のドローかなぁ。悲観的になりたくはないのだが。



試合終了、やはりというか逆転されて1-2。この出来で引き分けられるほど甘い相手ではなかった。それにしてもポンテというプレーヤーは素晴らしいね。永井をしっかり活かすことができるし、他チームにとっても怖い存在になるでしょう。

今日の試合の敗因は「優勝という目標を目指すチームと、目標がなくなった(残留という目標はあるのだが)チームのモチベーションの差」といってもいいのかもしれない。最後の最後で反撃を見せたが、いかんせん遅すぎた。なまじ早い時間帯に先制点を取ってしまったために気持ちが守り一辺倒になってしまっていた。中盤は間延びし、最終ラインはスルズルと下がり、ポンテや永井に簡単にドリブルを許す悪循環。土肥のスーパーセーブがなければ大量失点していてもおかしくはなかった。逆転してからは浦和も守備第一で無理をして攻撃を仕掛けない省エネサッカーをしたために結果としては1点差だったが、点差以上に「現時点での実力差」がハッキリと表れた試合だったと思う。

今後も東京は苦しい戦いを強いられることになるだろうな。上位チームに対して完膚なきまでに叩きのめされるという展開も覚悟しなければならない。残留のためには下位同士の直接対決を絶対に落とさないことが大事になる。ホントは全試合勝利を目指すのが東京のサッカーなんだけど、アウェーではドローに持ち込む試合というのも必要になるかも…って、こんなことホントは考えたくないんだけど。

今年の東京の不振の大きな要因は「マンネリ」にあると思ってます。昨年はナビスコカップでクラブ史上初のタイトルを獲得し、現体制での一応の成果を得た。そして今年は目立った補強をせず、昨年の戦力を維持するという方針を採ったのだが…。ナビスコカップを獲ったとはいえ、昨年のリーグ戦は一度も優勝争いに絡めなかったことを忘れてはならない。今年はもう残留を最大の目標にするとして、シーズンオフの大粛清は避けられないであろう。スペインリーグの強豪・デポルティーボも一昨年にチャンピオンズリーグ4強という躍進を遂げながら昨年は不振に陥り、長期政権を築いていたイルレタ監督が解任された。東京も原監督体制の限界が近付いているのかもしれない。

俺も原監督はとても好きなので複雑な気持ちではあるが、チームの発展・強化を考えるのであれば今期限りにするべき。フロントも次期監督のリストアップは進めているだろうが、そろそろ外国人監督を招聘する時期にきているのではとも思う。A代表に多くの選手を送り出すほど選手層は厚くなった。にもかかわらず主力選手がケガで離脱すると途端に不振に陥る。今日の浦和戦を見ても、東京の選手は他チームに比べて基本的なボール捌きの技術に劣る傾向にあると感じる。ぜひとも「若手に基本的な技術をしっかりと叩き込める監督」を招聘してほしいところ。…できればフォーメーションは4バックを維持してほしいんだけど。

ホント、今年は東京のサッカーを見ていてもワクワク感がないんだよねぇ…もう今年は我慢の年と割り切ってます。降格さえしなければよい。選手一人一人の力を考えれば降格するようなチームではないのだから。
posted by BM at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。