2005年08月17日

日本×イラン

前半終わって1-0、日本リード。加地が決めたよ…チョー嬉しいッス。

しかし、北朝鮮戦のあの酷い出来は一体なんだったのかと思わんばかりに、各人が気合の入ったプレーを見せてくれてましたな。その中でも、遠藤と福西のボランチ2人の働きは素晴らしかった。ボランチの位置でボールをカットし、ボランチの位置からサイドにそして前線に効果的なボールが配給されていた。阿部と今野(特に阿部)にとっては、この2人の「存在」というものを改めて思い知らされるような働きだったね。

で、いつも通り「攻めながら点が取れない」嫌な雰囲気になりかけたところで加地のゴール!解説も言ってたけど、加地があの位置に詰めているということが大事なわけで。端から見れば「ごっちゃんゴール」だけど、あれは立派な加地のゴールです。

ところが。1点取って安心したのかはわからんが、その後はボランチの位置でイランの選手をフリーにさせてしまう場面が多くなった。ボランチの2人はちと飛ばしすぎたのだろうか。後半は今野の出番があるかもしれない。まぁそれにしても、ダエイのポスト直撃のシュートで冷や汗をかいたとは言え、イランの攻撃には怖さがまるで無いね。やはり海外組(というかカリミのドリブル)が不在のイランは日本同様に怖さが半減してしまうようで。三都主の守備もそれなりによくやっているし、ボランチの位置での守備を引き締め直せばこのまま無失点で勝利できそうかな。

さ、後半が楽しみだ。



試合終了、2-1で日本の勝ち。

勝ったことは素晴らしいことだが、毎度毎度のことながらジーコの選手交代は…おそらくジーコの頭の中には去年のアジアカップ決勝のことがあったのだろう。約1年半もの長期間にわたったW杯アジア地区予選、その最終戦は「今まで予選を戦い抜いてきた選手11人で最後まで戦う、選手交代はしない」という「奇麗事」で終わらせようとしたんだろうな。

2-0までは予定通りだったのだが、ダエイのPKで1点を返されてからの(その前から予兆はあったのだが)ボランチ2人の足の止まり具合は見ていて気の毒なほどだった。こりゃいかんと大慌てで今野を投入したが、ボランチが1人代わったところでもう1人がガス欠では…今野投入が遅すぎ。

もし大黒の2点目がなかったら…ダエイのPKで同点に追いつかれ、やはり同じようにバテバテの玉田に代えて巻を入れ、遠藤に代えて本山を入れ…そして決勝点を取れずにドロー、戦犯は巻、というようになっていた…かもしれない。この試合の勝因は2点目だった。あの2点目がなければジーコが改心して今野・阿部を投入することはなかったかもしれん。

川口能活 6.0
 無難に役割を果たす。ミドルも落ち着いて処理した。

田中誠 6.0
 終始危なげないプレーぶり。茂庭にはない落ち着きがある。

宮本恒靖 5.5
 ハイボールの競り合いに不安はあったが、なんとか耐えた。

中澤佑二 6.0
 高い位置でのボールカットなど良く効いていたが、PK献上で-0.5。

遠藤保仁 6.5
 前半の動きは素晴らしかった。後半バテたのは致し方なし。

福西崇史 6.0
 同じく前半はいい動き。後半は凡ミスも多かった。

加地亮 6.5
 先制ゴールはお見事。後半は守備で貢献。

三都主アレサンドロ 6.5
 早めのクロスが効果的だった。守備もまずまずの出来。

小笠原満男 6.0
 攻撃面で目立った貢献はなかったが、今日は良く動いていた。

玉田圭司 5.5
 悪くはなかったが…ゴールという結果は出せず。今後は微妙。

大黒将志 6.0
 玉田と違って結果を出したという点で大きくリード。


今野泰幸 -
 出場時間が短いため評価なし

阿部勇樹 -
 出場時間が短いため評価なし


ジーコ 5.0
 選手交代があまりにもアホ。選手が壊れたらどう責任取るつもりだ。

ワールドカップまであと10ヶ月あまり。一番大事なのはジーコの「監督」としてのスキルアップだと思いますわ。「代表監督」としてはある意味「名将」と言えますが。今後は普通の「監督」としての勉強をしてください。
posted by BM at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スーパーゴール!!!!!!加地さん(><、
Excerpt: スーパーゴールついに 加地さんが、代表初ゴールです!!!!!!! イランから取りました。 あまりの、衝撃に絶句しました。 なぜ、あんなところに加地さんがいたのか!? さすが・..
Weblog: いきなりクライマックスBlog☆
Tracked: 2005-08-17 21:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。