2005年08月06日

土肥が来るのか!?

韓国戦も第二戦と同じメンバーを起用 GKは土肥=サッカー日本代表

晴れの日韓戦に我らが土肥洋一(FC東京)が出場…なのか!?先発11人総入れ替えという「大ナタ」を振るった直後にGKだけを入れ替えると言う、なんとも複雑な状況での出場となるわけだが、正直言ってこの試合が土肥の最初で最後の晴れ舞台になるかもしれない。ビデオに録画しておこうかな…
これはもう、川口能活と楢崎正剛という甲乙つけ難い(且つ同年代の)才能の前では致し方ないところなんだよね。この2人が代表に定着して以降「これで代表のGKは10年は安泰だ」と多くの人が思っただろうが、まさにその通りになっている(川口は移籍騒ぎもあってずいぶん遠回りしたけど)。同時に、この2人以外のGKにとっては受難の時代となったわけで。曽ヶ端準しかり、都築龍太しかり。でもその中で土肥洋一は間違いなく今の代表に欠かせない「第3GK」だと思うのよ。

日韓戦では同じチームの茂庭もDFラインの一角に入るし、ここは一つビシッとDFラインを締めてもらいたいもんです…と、土肥についての思いを書き綴ったわけですが、結局は南北朝鮮対決がドローに終わり、その結果日本の東アジア選手権優勝の可能性が消滅したからこそ、ジーコは土肥を起用する気になったんだとは思いますが…だって一人だけ出場できなかったら可哀想だし(笑)



そして気になるニュースがもう一つ、田中達也が腰痛で戦線離脱。急性の腰痛=ギックリ腰らしいです。日韓戦の出場はないと見ていいでしょう。優勝の可能性もないし、無理させる必要もない。この2試合で十分アピールはできたしね。

ということで、おのずと日韓戦のキーマンは「巻誠一郎」ということになりました。奇しくも日韓戦当日は25歳の誕生日なんだそうです。舞台は完璧に整った。ここで決めなきゃいつ決める!男になれ、巻誠一郎!…今はスペインにいる誰かさんみたいに退場にだけはならないでください(笑)
posted by BM at 00:47| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年04月24日 05:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5653214

この記事へのトラックバック

韓国戦も若手中心、ジーコ監督明言
Excerpt: 日本代表が韓国戦も若手中心で臨む。東アジア選手権最終戦、通算65度目の日韓戦は7日、大邱で行われるが、ジーコ監督は5日の練習前のミーティングでライバルとの一戦の先発メンバーも中国戦同様に若手中心で編成..
Weblog: 注目!株式経済情報&気ままなBlog
Tracked: 2005-08-06 02:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。