2005年08月03日

サッカーの話なぞ

えー、「The Belle Mile」はMMORPG「ベルアイル」に関する戯言を書き綴るBlogなんですが、今後はたまにサッカーのことも書いてみようと思います。理由…書いてみたくなったから。



さて、東アジアサッカー選手権の日本×中国戦が終わりました。結果は[2-2]のドロー。前半に2点を失う厳しい状況から、後半に阿部・茂庭・田中達というアテネ五輪世代が絡んでの2得点で追いつき、なんとか負けを回避したという展開でした、が…

前半の頭から、日本選手の動きは非常に「やる気」に満ちていた。特に駒野・村井の両サイドと2トップの巻・田中達。両サイドについては「俺は加地(および三都主)よりも出来るんだぞ」という意地のような気迫が出ていた。両者ともに速い球筋のグラウンダーのクロスが効果的で、いつゴールに結びついてもおかしくはない、いい精度を持っていたと思う。

だが、そこで決められないのが日本のFWなわけで…ともにAマッチ出場2試合目、さらには初スタメン、もっと言えば前の試合から11人全員が入れ替わっての試合であれば、コンビネーションが合わないのも無理はないのだが。巻にしろ田中達にしろ、あそこで決めることが出来ていれば代表定着への大きなアピールとなっていたのに…点が入りそうで入らない、日本お得意の何とも歯痒い展開で時間だけが経過していき「ちょっとヤバいかも」と皆が思い始めたところで立て続けに2失点。

これも急造3バックだし、11人全員が入れ替わってるし…と言い訳は簡単に思いつくけど、やはり茶野が3バックの真ん中というのは荷が重すぎた。そして両サイドの2人も改めて「加地(および三都主)のやっていること」の大変さを実感したのでは。



後半の2得点、1点目については阿部の正確なキックと茂庭の「そこに詰めていること」の大事さ、2点目は田中達の思い切りの良さが得点に結びついた。奇しくも3人ともアテネ五輪組。アテネでの悔しい経験は決して無駄ではなかったことを証明してくれたと思う。この3人は代表定着への足掛かりを掴んだと言ってもいいかな。

にしても…放送でセルジオが言っていた通り、最終ラインでの無駄なパス回しが多かった…あとジーコの選手交代も「?」だし…ところでなぜジーコは20分とか30分とか、ピッタリ時間を計って選手交代をするのかねぇ。そんなに几帳面なのか?



結果から言えば「11人全員入れ替え」というジーコの博打は成功しなかった。韓国戦はどのようなメンバー構成で行くのかねぇ。少なくとも、もう1回「11人全員入れ替え」つまり北朝鮮戦のスタメンに戻すというアホなことはしないと思うが…中国戦でも「できた選手・できなかった選手」の見極めは十分できたと思うし。俺が思うには
  • できた … 田中達・阿部・茂庭
  • まだできるはず … 巻・駒野・村井・今野
  • できなかった … 本山・茶野・坪井
こんな感じ。それを踏まえて韓国戦は以下のようなメンバーを希望。

[4-3-3(4-3-2-1)]

..................

..........大黒.....田中達

......福西.....阿部.....今野

駒野.....茂庭.....中澤.....加地

.................川口

駒野は左の適性もあるし、守備は三都主よりはいけるし、左SBも十分やれるよね?巻の1トップ、大黒と田中達の2シャドーは十分点を取れると思う。特に巻は絶対使うべき。このまま干されたら、それこそ一時期の大久保みたいにどん底まで落ちてしまいかねない。…と言いつつ、やっぱジーコは小笠原or本山のどちらかは入れてくるだろうから、おそらくは↓みたいな感じになるんだろうな。

[3-5-2]

...........大黒.....田中達

................小笠原
三都主.......................加地
............福西.....阿部

......中澤.....宮本.....茂庭

.................川口

一つだけ言えることがある。玉田、お疲れ様でした。
posted by BM at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。