2005年04月12日

世界は広いようで狭い・2

続き。

fuusya.jpg
アリア民でカルガのメテオラ風車に行ってきました。
最強のモンスターは、現在のところオーガマロウダー。しかし、ダンジョンの割にはグリーディピッグやらオークノーヴィスやら雑魚クラスのモンスターもいっぱいいて、総合的に見れば三国のダンジョンの中で最も難易度が低いと言ってもいいでしょう。最深部まで到達し、ミッションもクリアしてきました。

oga.jpg
モノマキア平原のオーガ集落。
やはり最強モンスターはオーガマロウダーのようです。まぁ、ゴブジェネラルと比べては大半のモンスターが物足りなくなるのは当然と言えば当然なのですが…モノマキアは街に隣接しているMAPですからね。



続いてはウーニャ平原へ。
Closedβ1の最終日に立ち寄って以来、2度目です。そのときは「立ち寄った」というよりは「通過した」だけだったので、本格的な探索は今回が初めて。マップの隅々まで歩いてきました。

shinden.jpg elis.jpg
マップ北西の水上神殿。
後方には大きな滝、そして虹。素晴らしい景色です。右の画像は、一部に熱烈なファンを持つとか持たないとか言われている噂のNPC「エリス」。噂に違わぬミニスカっぷりです。よいですな、ウン。

giant_gate.jpg
マップ南西の巨大な門。
NPCの話によると、この門の奥にはドワーフが住んでいるとのこと。いずれはこの門も開かれて奥に進むことができる…はず。そこまでサービスが続けばの話だが…



ここからは、ウーニャ平原に生息するモンスターをご紹介。

forest_lady.jpg forest_load.jpg
フォレストレディ&フォレストロード。
物理攻撃無効らしいです。Sigmaさん達ボダ民が討伐に向かったらしいのですが…。

catoplepas1.jpg catoplepas2.jpg
カトプレパス。
カト「ブ」レパス(濁音)ではなく、カト「プ」レパス(半濁音)です。さらにはアイアンイーターなどもいたりして、非常に怖かったです。右の画像は…スピアホーンがカトプレパスに襲われている?ように見えたので思わず激写。

devil_rabbit.jpg
デビルラビット。
偵察したところ、HP441でした。HPだけ見れば雑魚とも言えますが、果たしてその実力は…。ちなみに、周囲にブレードホーンやクレセントホーンがうろついており、とても戦える状況ではありませんでした。というか、戦える状況であっても戦いませんが。

ハーミットシープとラッキーラビットは残念ながら発見することができず。
特にハーミットシープを見てみたいなぁ…。



さらに、ラージャン砂漠の探索も行ってきました。
目的は果樹。砂漠の各所にポツンと果樹が点在していました。その数5本…だったかな。うち1本は力の実と判明していますが…全部力の実という可能性もあります。未知の果実でも採取できればいいのになぁ。ブドウとかブドウとかブドウ(略

pyramid.jpg born.jpg
左はピラミッド。右は恐竜の骨?ともにラージャン砂漠の名所のひとつです。まぁ、観光目的で気楽に来れる場所ではありませんけどね…ボーンアーミーが多数います。

砂漠は腹の減りがとても早いです。日中では6ずつ、夜間は12ずつ減ります。夜間の戦闘モードでは一気に24減る計算になります。夜間の戦闘は極力避けるべき。砂漠には、冬になったらまた来ないとな。サボテン採取のために(この記事を書いている時点でもう冬になっているんですが、献上で手一杯でした)。



おまけ

senturion.jpg
砂漠のセンチュリオンは高い所がお好きのようです。
posted by BM at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧オープンβ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2913494

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。