2005年04月06日

最後の献上祭り?

http://www.belle-isle.jp/info/detail.cgi?
mode=MT&detail=20050405172603


新魔法の追加も楽しみだが、一番の注目点は

ワゴンに入るアイテムが解体、ダンジョンに設置されている宝箱、資源採取のみになります。プレイヤーの落としたアイテム、宝箱はワゴンに入りません。

コレですね。
バックパックなどのカバンを利用した、いわゆる「マギワゴン」が使用できなくなります。

この件については、前々から修正を希望していただけに、納得。…ただ、これで影響を受けるのが「献上」。現在の献上システム(発展度が↑の状態時では、1%上げるのに100000ポイント必要)では献上の大部分を「マギワゴン」に頼ってきたことは言うまでも無い。極端な言い方をすれば、マギワゴンがあったからこそ、現在の発展があるわけです。ワゴンまわりを修正したということは、献上システムの見直しも必須であると考えます。これについては、数日プレイしてから出ないと答えを出すことはできませんので、このへんで。



1006年・春。
アリアでは裁縫が発展し、赤カラーの服と噂シリーズの服が作製可能に。さっそく噂のノーブルウェアを作った裁縫職人もいて、街は一層華やかになるでしょう。そして春の調理献上品…200Pにポイゾンリーフがっ!これは願ってもないチャンス!

poisonleaf.jpg
有志を募ってプラーナでポイゾンリーフを刈りまくります。
場所は橋の手前、野いちごの木のある場所ですね。採れるものはポイゾンリーフとガジャの葉。ポイゾンリーフの割合が多いため効率よく採取できます。情報提供はいつものようにあるとりあさん。脱帽。

INしている時間のほとんどを費やしてポイゾンリーフを刈り取り、調理の発展度は↑の30%台後半くらいまで伸びました。しかし、1%=100000ポイントだけに先は長い…ちょっと前までは1%=30000ポイントだったのに。仕官人数によって必要なポイントが増加するという説が有力です。仕官した人全員が献上してるわけじゃないのになぁ…

献上システムについては、それぞれ思うところもあるでしょう。
俺が思う献上システムの改善案は

・指定アイテムを5種類に増やす。
・指定アイテムの難易度に合わせて、献上ポイントに幅を持たせる。
・産業省の指定アイテムは、最低1つはその産業の関連アイテムとする。
・内政省の発展度は、献上以外でもアップするようにする。

など。
指定アイテムの枠は現状でも5個あるわけだし、5個が多すぎるというわけでもないでしょう。献上ポイントについては、入手しやすくスタック可能なものは50ポイント、入手しやすいが非スタックのものは100ポイント、というような感じで。生産の指定アイテムに、その生産の関連アイテムを入れるというのは、一つ間違えばバランスを崩すことにもなりかねない(スタック不可のアイテムが多い生産など)が、そこは献上ポイントで差をつけるとか、いくらでも調整のしようはあると思う。内政省の発展度については、例えば施設なら他国民が使用した税金やポータルストーンが売れた数によって献上度が増えるとか、交通ならボールシップの利用数によって献上度が増えるとか、教育なら入学金の一部が献上に回されるとか。

だいたい、献上の指定アイテムって「国がそのアイテムを欲している」ってことでしょ?ならば、現在のような完全ランダムなシステムでは普通に考えてもおかしい。おそらく、正式サービス直後(王国LV1)のような段階では、獣の毛とかアニマルハイドとか簡単に採取できるものが指定アイテムになるだろうけど。というか、なるよね?



おまけ

oyaji.jpg
オヤジ…しぶいぜ。
posted by BM at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧オープンβ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。