2005年03月18日

お疲れ様、また会いましょう

さて、Closedβテスト最終日です。
何やらいつもよりINしている人が多い気がする。
何らかのイベントに期待して1日だけ戻ってきたという人もいるのだろう。

そんなことはさておき、まずは昨日のうちに買っておいたナタでガーリックとマツタケを狩りまくる。最終日だろうが関係ない。近くで同じくマツタケを狩っていた人と軽く会話を交わし名刺を交換する。いつもと変わらない日々。
ちなみにここで名刺を交換させてもらった御仁、能力上昇を使わずに蘇生を使用できるMPを確保しているという兵(つわもの)。俺も開始時は魔術オンリーを目指していたのだが…どこで道を踏み外したのか、今では料理の道まっしぐらです。まぁこれもMMORPGの楽しみ方。



100近くのマツタケを刈り取って街に戻ると、何やら銀行前で謎の集会が…

savotti.jpg
GM Savottiです。最終日なので挨拶回りにでもやってきたのでしょうか?集会に乗り遅れて話についていけないので、会話を小耳に挟みつつマツタケを調理し、露店を開きつつ(マツタケ料理はお得意様に速攻で買い占められた)ボーっとしていると。

「岩塩売ってくれませんか」という吹き出しを掲げている人が。
ボーダーで見た覚えのある名前だったので、さては買い出しか?幸い、銀行には1500余りの岩塩が備蓄されていたので、声をかけて600ほど提供する。やはりその人はボーダーの調理師で、ボーダー周辺では採取できない岩塩を求めて買出しにやってきたとのことだった。名刺を交換し、調理うんぬんについてしばし雑談。
話を聞くに、ボーダーは岩塩が採れないものの、その他の食材については比較的容易に採取できるらしい。ガジャの葉などは単独で群生している場所があり、採り放題だという。アリア周辺とは大違いだなぁ。羨ましい…

しかし、わざわざアリアくんだりまで岩塩の買い出しにやってきていることを考えると、他国の調理師にとっては「岩塩が簡単に採取できるアリアは羨ましい」立場ってことだよな。全ての国にいる牛を除くと、アリアは肉を出すモンスターが羊しかいない(カルガとボーダーにははうさぎと豚がいる)。アリアではハリドバールと比べてプラーナの採取難易度がとても高いため食材の確保がとても大変だが、カルガとボーダーでは周辺の2つのマップで特に激しい難易度の違いは無いらしい。
俺はこの2点のみを取り上げて「アリアは調理師に厳しい」という印象を抱いていたのだが、その代わり(という言い方もなんだが)として、岩塩という存在があるのではないか。そんな風にも思えてきました。

いずれにしても、カルガやボーダーでは岩塩の需要は結構ありそうなので、Openβでは岩塩の行商などもやっていきたいと思います。もしアリアに来てくれる場合は、豚肉やうさぎ肉(生肉)を持ってきてくれるととても喜びます(俺だけが)。羊肉ばっかり焼くのはもう飽きました。



ボーダーの調理師さんと会話して、久々にスキル上げでもするかなぁと思い、残っていた岩塩700個ほどをすべて調理することに。結果、運が良かったのかDEXまでアップ。調理スキルももうすぐ97%に達します…というところで!

miss.jpg
GM挨拶回りのお知らせ…じゃない!注目すべきところは別にある!

調理スキル96.8%でLV1レシピを失敗しました!

どんなにスキルが高かろうとも、「100%成功する」ということではないんですねぇ。おそらくはシステム的にも99.99%の成功率なのだろうと思われますが、残りの0.01%を引いてしまったということですかね。まさに弘法も筆の誤り、猿も木から落ちる。ある意味貴重な失敗シーンを拝むことが出来ました。初心忘れるべからず、ですな。



さて、時間になりました。GMメンバーがアリアに"降臨"します。

gm_1.jpg gm_2.jpg
突然街中に魔法陣が現れ、その中心からGMメンバーが登場(左の画像)。粋な演出をなさる。ぜひともGMメンバーの近影を収めなければ…と思ったのもつかの間、多数のテスターがGMを取り囲んでしまい、一気にお祭り状態へと突入です(右の画像)。

この状況を少し離れて見ていた俺の頭の中には
『ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ウォンビン。
 いわゆる「韓国四天王」を取り巻く日本のおばちゃん連中』

の図が浮かんでいました。ちなみにGMメンバーも4人。
名前はFlatigidIowootamSavottiXeonink(アルファベット順)でした。
Openβでも頑張ってくださいね、GMさん。テスターともども。



GM挨拶回りも終わり、皆思い思いに最後の夜を過ごす中、俺は『ゴブジェネラル討伐PT』に参加しました。ゴブジェネラルとはコンゴウ平原にいるHP8000オーバーの超強敵。墓にすら入ったことのない俺にとっては何とも無謀な挑戦ですが、その場の勢いで参加表明。銀行整理が終わっていなかったが、帰ってからすればいいや。

general_1.jpg
メンバーは2PTで総勢13名。道中の犬やらゾンビやらゴブリンやらを魔法の雨あられでなぎ倒し、苦も無くゴブジェネラルの生息地に到着。ゴブジェネラルの周囲には四方を固めるようにゴブリンワーダーというこれまた強敵が鎮座しています。まず1匹のワーダーを引っ張って撃破。続けざまにジェネラルを引っ張るも…
周囲のワーダー3匹も連られてリンク→死者多数。
幸い生き残った人達が蘇生魔法で何人かを復活させ、自己復活に成功した人もいて何とか体制を立て直すことに成功。あ、俺は素っ裸でマラソンです。同じ轍は踏まぬとばかり、今度は周囲のワーダーを根こそぎ排除し、ジェネラルを丸裸に。そして…

general_2.jpg
いったれやー!アリア民の生き様見せてやるぜ!





壮絶な闘いの末





general_3.jpg
討伐完了!これぞアリア魂!!俺は当然のように死んでますが…
解体して何が出るのかなーと楽しみにしていたのだが、この後ゴブリンシンガーが乱入して、てんやわんやしてる間にジェネラルの死体は消えて解体できず。残念!!



遺品回収をPTメンバーに任せて街へ帰還。
時間も残りわずかだし、銀行整理しながらマッタリ過ごすかな…と思っていたら。
雑貨職人から5番チャット「献上手伝って〜」
それがアリアクオリティ。

で、献上に行ったら(雑貨職人曰く)さっきまで100%だった生地作製の発展度が99%に下がっているからさあ大変。さらなる献上につき合わされ、銀行整理する時間はホンのわずか。大急ぎで生物(放置しておくと間違いなく腐ります)を換金し、スタック品を整理(Openβではスタック数が50となります)し、ようやく銀行整理が終わってホッとしつつ周りを見てみると

end.jpg
街はゴーストタウンと化していましたとさ。

終わり。



ということで、2ヶ月に渡って行われたClosedβテストも終了です。皆様お疲れ様。
1週間後のOpenβテストでまた会いましょう!
posted by BM at 07:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 旧クローズドβ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、こんにちわー! 昨日はアリアからの塩の買い付けでお世話になりました。
調理師同士、オープンβでも頑張っていきましょー!

ところで昨日、ガーリックなどの採取物の件での情報をお求めのようだったので、ボーダーの食料・材料事情をちょっと長めになりますが、語らせてもらいます。

ボーダーはアリア・カルガに比べると人口比率は低いことは周知の事実です。それゆえに採取物も季節の晩節になっても、難易度の簡単なところが残っていたりします。
さらに、最近は自炊する人の減少や調薬師が少ないこともあって、植物採取関係は町周辺でも個人が獲得する量で困ることはありませんでした。
特にガーリックはグレードクラックの採取場で取れるものです。超簡単で近場にキュアルートの採取場がある湿地で済ます調薬師の方がほとんどで、ガーリック採取に出かけるのは一部の調理師のみ、というのが現状です。

ちなみに自分のボーダーの年間食物材料計画を載せておくのでよければ参考にしてください(笑
春:兎肉×3(湿地/一匹)、ヒールリーフ(湿地・GC)、ゴールデンリーフ(湿地・GC)、豚肉×3(GC/一匹)、ガジャの葉(GC)
夏:兎肉×3(湿地/一匹)、キュアルート(湿地・GC)、マッシュルーム(湿地)、ガーリック(GC)、レッドホット(湿地)、豚肉×3(GC/一匹)
秋:兎肉×5(湿地/一匹)、マツタケ(GC)、アガリスク(GC)、豚肉×5(GC/一匹)
冬:兎肉×5(湿地/一匹)
Posted by キュロス at 2005年03月18日 18:32
追加。
ボーダーでは、兎肉・豚肉で自炊している戦闘系もいますが、ボーナスの10%前後で無理矢理焼いてる人もいて、30個の生肉から10数個焼ければいいよね、って感じで。
ちょっと遠征するんで焼き肉30個ほど用意する? とかなると、たちまち食糧不足が悩む羽目になります。
私は両手武器・片手武器・盾・ポーションと、比較的重い物を持ち歩くので、重量効率のいいハムやスープの供給は、ほんと嬉しいです。
その辺、塩は必須アイテムなんですが・・・店買いやむなし、の街なんです、ボーダーって。
Posted by Sigma at 2005年03月19日 14:52
遅くなりましたがコメント返し。


>キュロスさん
塩は週1(ベルアイル時間で年1回)くらいで行商に行けたらなぁと思ってます。
ガーリックについては、アリア周辺(プラーナ)でも探せばまだまだあるようです。
食材事情はどの国もほぼ同じようですね。
アリアは調薬師が多いので植物採取で少し手間が掛かりますけど。
今後は調薬師との取引(ガーリック⇔ゴールデンリーフとか)も必要かな。
あ、多分Openβではアリアは生地が発展しているので
リザードハイドを行商してくれると喜ばれるかもしれません。
(追加レシピでリザードハイド加工できると確定したわけではないですけど)


>Sigmaさん
無理矢理焼く人については、どの国も同じですね。
ただアリアは羊だけで生計が立てられる
(ミッションで報酬、肉で食料、毛で解体道具)
ので、その割合が他国よりも多いと感じます。
「30個焼いて10数個」ではなく「100個焼いて30数個」の世界ですよ、アリアは。
重量効率のいい食料の筆頭は串焼きですが、冬や春は提供できませんからねぇ…
カルガは鹿料理のおかげで冬の食料に困ることはなくなったのかな?


Openβでは、他国の調理師さんと積極的に交流していきたいと思ってます。
カルガ、ボーダーともに調理師さんと知り合うことも出来ましたし。
Posted by BM at 2005年03月22日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。