2005年03月04日

そっちが先か

鮮度が「腐っている」食材を調理することが不可能になりました

何の告知も無く、いきなりきましたな
まぁ、正しい事だとは思うんだけどね

銀行の中の食材の大半を処分することになったけど orz

これで調理師の境遇がどう変化するかは…まだわからない

冷蔵庫のような鮮度を保つ装置が存在しない以上
季節によって提供される食料が変化するということが考えられる
これはいいことだと思います
例えば、串焼きに使用されるレッドホットは夏に収穫可能だが
初夏に収穫すると初秋には腐ります
つまり、串焼きは夏〜秋に提供される食料ということになります
(レッドホットを店買いする手もあるが、まず利益は出ない)

また、銀行に肉を貯めこんで必要なときに調理するという
自給自足生活が困難になります
肉が腐る前に調理するなり売却するなりして手放さなければならないため
食料フリマ市場が活発になることも予想されます

しかし、調理師の立場から言えば、良いことばかりでもありません

食材を保存することができなくなるということは
「早いサイクルで食材を調理師し、捌かなければならない」
ということです
定期的にフリマを開いて食料を捌き、利益を得ないといけません
その結果、食材集めに街を出る頻度は低下します
食材をPCとのトレードで入手する必要性も増すでしょう

これからは「食料を売って利益を出す」ことで生きていかなければならなくなります
そうなると、いちごショートケーキ18Gで売られていたり
キャンプで焼肉が5Gで売られていては商売上がったりです

ますます調理師という職業はマゾくなっていく気がします

腐った食材を調理できなくするなら
最初からそうしておいてくれ
と言いたいと思います

あと
値段やレシピの見直し
する気あるんですか?

まとまりの無い文章になってしまった…
posted by BM at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧クローズドβ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2252659

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。