2006年02月28日

日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ

いやー、やっぱり中田英が入るとチーム全体が「締まる」ね。なんだかんだ言っても日本の大黒柱は中田英だ。小野とは格が違う。

前半終了間際にCKから高原のヘッドで先制、1-0で前半終了。やはり「お膝元」ドイツでの試合だけあって、高原のコンディションは良好。ゴールシーン以外の動きもまずまずだったのでは。逆に久保の動きはややイマイチ。やや疲れが溜まってきた頃か。
中盤では、やはり中田英の「攻める姿勢」が目についた。センターサークル付近から前線への鋭い縦パス、両サイドの深いスペースをついたロングボールを何度も何度も入れ続け、常に攻撃の基点となっている。カットされてピンチに繋がるシーンも無いわけはないが、それを怖がってDFラインへバックパスするよりはよっぽどマシだ。ここぞと言う場面での激しいプレスもいつも通りで、GKの目前までボールを追っていくシーンも見られた。まさしくチームを引っ張っていく存在だ。中村もコンディション的には良い方ではないように見えたが、一本のパスで決定的なチャンスを作り出すあたりはさすが。
逆に、国内組の小笠原と福西の動きは物足りない。特に小笠原は全体的にプレーが縮こまっているように感じる。前半を見る限り「やはり中田や中村の控えか」という評価を下さざるを得ない。後半は早い時間にベンチに下がってもらいましょう。

後半は松井を早い時間帯に見たいところ。



試合終了間際の中田英のゴール(代表ではえらい久しぶりでないか?)で結果は2-2のドローに終わったわけだが…まずはDF陣について。4バックを基準に考えると、GK川口にCB中澤&宮本の3人については本番でもスタメンほぼ当確といっていいだろう。今日の試合でアメリカ戦に続いてまたも不安要素を露呈してしまったわけだが、かといって代わりにスタメンを張る選手がいるかと言えば、いない。個人的には宮本よりも茂庭を推したいが、いかんせん経験が無さ過ぎる。そして右SBの加地もほぼ当確だろう。駒野というライバルはいるが、やはり経験値が違い過ぎる。

だが、左SBに関しては…三都主ではダメだ。今日の試合で「日本ディフェンスの穴は左サイドだ」という隠しようも無い事実が世界中に知れ渡った。このまま本番を迎えたとしたら、最悪初戦のオーストラリア戦で黄紙2枚貰ってサヨウナラだ。残念ながら、本番まであと3ヶ月しかない。現在の代表メンバーで左SBができる人材となると…中田浩、村井、駒野くらいか。三人とも満足にテストされてもいないが。土壇場で三浦淳の代表復帰なんてことも考えねばならんのだろうか。

選手交代も相変わらず不可解。小野を投入する必要がどこにある?そこは松井だろう。案の定、小野はピッチ上で何の仕事もすることなくただただボーッとしているばかり。日本に帰ってきて王様扱いされて天狗になっているのか?技術の高さは認めるが、正直W杯メンバーには必要ない。長谷部の方がまだ役に立つだろう。



海外組はほぼ期待通りのプレーを見せてくれただけに、国内組の不甲斐なさばかりが目立つ試合になってしまったなぁ…松井が見たかった。
posted by BM at 22:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サッカー日本代表 ~ナカータ同点ゴール~
Excerpt: 番組:サッカー日本代表 VSボスニア・ヘルツェゴビナ 日本はヨーロッパ組を召集したメンバー構成。 システム:4-4-2 GK:川口能活 DF:加地亮、宮本恒靖、中澤佑二、三都主アレサンドロ MF:..
Weblog: 今日の好プレー
Tracked: 2006-03-01 00:24

ボスニアヘルツェゴビナ戦の話題
Excerpt: ボスニアヘルツェゴビナ戦の話題
Weblog: 最近の話題
Tracked: 2006-03-02 00:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。