2006年02月11日

日本×アメリカ

ワールドカップイヤーを迎えたジーコジャパンの初戦、相手は北中米カリブの強豪アメリカ。滑るピッチと仕上がりの早いアメリカ選手の激しい当たり、そしてパス回しに翻弄され続けて前半は0-2。

印象を一言で言うと…「これは本当に11人対11人のゲームなのだろうか?」。本来3-6-1で中盤の人数が豊富なはずの日本が、4-4-2のアメリカに完全に中盤を掌握されてしまっていた。そしてディフェンス陣も、アメリカがサイドからシンプルにあげてくるクロスボールに対しことごとく競り負けるシーンが目立ち、ついに失点。そして、クロスボールへの恐怖を植えつけられてしまったところで細かいパス回しから完璧に守備を崩されての追加失点。日本のチャンスは加地のミドルシュートくらいなもので(しかも枠を外す)、日本としてみれば最悪の内容と最悪の結果が残った前半だった。

まぁ、日本代表は毎年この時期は不甲斐ない試合をすることでお馴染みだが(2年前はオマーン相手にあわやドロー、1年前は北朝鮮相手にあわやドロー)、それでもなんとか結果は出せた。だが今回は相手がアメリカ(しかも始動して3戦目と仕上がり良好)ということで、ものの見事にやられてますね。
それにしても日本選手の仕上がりの遅さは想像以上だ。選手にとっては強化どころか自信をなくす合宿になってしまうんじゃないだろうかと不安になってくる。正直に言って、この試合をひっくり返すことは不可能だと思うので、その中でも「今後につながる何か」を掴んでほしいもんです。戦術とかコンビネーションとかは度外視でいいでしょう。どうせ中村や中田が入れば小笠原などは弾き出されるし。

久しぶりに前園を見ることができただけでもよしとするか(笑)。



結果は2-3で日本の負け。まぁ、0-3から2点は返したことで、格好だけはついたんじゃないでしょうか。結局のところ、日本というチームは何回かはこういう内容の試合を経験しないと「起きない」チームなので、結果はどうでもいいっちゃあどうでもいいですね。

そして「今後につながる何か」ですが、佐藤寿人と長谷部誠が代表初キャップを刻み、巻誠一郎が代表初ゴールを奪いと、一応の収穫はありました。中でも長谷部は、21才という年齢を考えれば、小笠原の地位に取って代わる可能性は十分にあるという希望を抱かせる内容だったのでは。少なくとも、2010年のメンバーには名を連ねてくることでしょう。

守備陣も、今日の出来がジーコの逆鱗に触れ、次戦で控えメンバーが出てくるとなれば、茂庭や駒野にとってはチャンスだな。それにしても、今の今まで三都主のバックアップを確立できなかった「ツケ」がじわじわと効いてきているような気がする。今からでもまだ間に合うと信じ、本気で中田浩二の左SBも考えるべきではないだろうか。
posted by BM at 14:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヽ(^Д^*)/おひさ〜♪
覚えているかにゃ?
カルガの狂戦士です

2月24日22時から4亀のチャット部屋で集会を
開こうと企んでるのでよかったら参加してくだせぇw
↓にリンク張っておきますw
http://lobby.4gamer.net/link.php?room=5f2d571b.4gncht
Posted by ルシ&ベル at 2006年02月14日 21:37
>ルシ&ベルさん
どもー。正確なキャラネームは「ルシファー」&「ベルゼバブ」さんでしたっけ?名前だけは存じ上げてます。みぃむさんのコメントにもレスつけましたが、時間が合えば顔を出したいと思います。
Posted by BM at 2006年02月15日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13134519

この記事へのトラックバック

アメリカ強し
Excerpt: う????????????????ん、強かったですね。 FIFAランク7位ですから、さすがに強かった。 TVつけてまずびっくりしたのは、サッカー場じゃないってことです。 さすがアメリカ!考え..
Weblog: ひこうきぐも
Tracked: 2006-02-11 16:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。