2006年01月08日

AOGC2006Tokyo

http://www.bba.or.jp/AOGC2006/

以前、ゲームマスター講座なるものが行われるという記事を書きましたが、同じくブロードバンド推進協議会が主催する「アジアオンラインゲームカンファレンス2006東京」というものが2月に開催される、とのことです。有料パスを買えば一応は誰でも参加可能…なのかな?昨年行われた「AOGC2005Seoul」の模様はダイジェストとして動画で公開されていますし、AOGC2006Tokyoの模様も後日公開される可能性がありますね。

で、セッションの項目を見てもらえればわかりますが、AOGC2006Tokyoでもモビーダ・ゲームズの栗原哲氏の講演が行われるとのこと。こういった講演などの活動を積極的に行う姿勢は素晴らしいですね。先月のゲームマスター講座に何人の参加者があったのかは不明ですが(どうやらちゃんと定員集まったようです)、ゲームマスターという職業の活性化につながればいいですね。もちろん、そこから転じてベルアイルの運営に役立てば尚いいことです。

ちなみに、栗原氏の講演「オンラインゲーム運営とゲームマスターの可能性」以外にも、なかなかに興味をそそられる講演がありますね…「日本のオンラインゲームにおけるRMTの現状」とか「複合カフェでのオンラインゲームサービス」とか「ゲーム内経済学とその意義」とか。
RMTに関する講演を行うのは「中央政策研究所」という社団法人なのですが、中間報告という形で活動内容が掲載されていますね。この中間報告に基づいた最終的な調査報告がAOGC2006Tokyoの講演で行われるのでしょう。これは興味深いなぁ…ということで、興味がある方は行ってみても面白いのではないでしょうか。
posted by BM at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味はそそられますが、参加費用16000円と、平日二日間の休日は、コスト高いです。
どこかのブロガーが話題にしないかなぁ。
Posted by Sigma at 2006年01月09日 01:16
同じく。興味はそそられるんですが…ねぇ、という感じです。
後日動画で公開されることを期待するしかなさそう。

オンラインゲーム関係者のブログとかって見かけないですねぇ(見つけられていないだけかもしれませんが)。機密情報を扱うことが多い業界だけに、下手なことが書けないから…なのかな。
Posted by BM at 2006年01月09日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。