2005年12月03日

Jリーグ最終節

これから出かけるので帰ってきたら加筆します。
とりあえず…東京なめんなよ!

本音を言えば、C大阪の優勝でも全然よかったんだけど…サッカーって怖いね。
そしてG大阪、優勝おめでとう!

浦和はお疲れ様でした(笑)



ようやく帰ってこれたので追記。

ルーカス&ササという前線の戦力を欠き、阿部・戸田・規郎という日本人の変則3トップという形で臨んだ東京だが、両ウイングに位置した阿部と規郎も積極的にゴールの方向へとドリブルを仕掛けシュートを打つ積極的な姿勢が目立った(規郎は見事なゴール、阿部もクロスバー直撃のシュート)。これがルーカスの1トップの状況下でもできていれば、リーグ中盤に得点力不足に悩むことも無かったのではないかと思ってしまう(まぁ、そのとき阿部は大分にいたわけだが)。

トップ下に入った栗澤は、ここ数試合は明らかに調子が下がっていた。考えてみれば彼はルーキー。全試合出場を果たしたということは素晴らしいことだと思う。シーズンを通しての体調管理の難しさを痛感したことと思うし、来期はもっとやってくれることと思う。そして、その栗澤を躊躇無く宮沢と代えた原監督の采配も結果的にはうまくいき、宮沢の展開から幾度と無くC大阪ゴールを脅かした。

ただ、瀬戸際でのC大阪の守りも素晴らしかった。混戦からジャーンが押し込もうとしたボールを柳本(だったよな?)がラインギリギリでクリアしたり。もちろん東京の勝利を願っていたが、これだけの戦いを見せられて「C大阪は優勝に値するチームだ、負けてもしょうがないかな」と思いかけていたのだが…ロスタイムに入る直前に今野の同点ゴール炸裂。いやはや、ホントにサッカーの神様はときに残酷です。



一夜明け、原監督の監督退任が発表された(さらには契約非継続選手の発表も)。いざ正式に退任が決定すると、やはり一抹の寂しさは隠せないけど、これも東京が次のステップに進むためには必要なことだと思うので、いい形で監督を送り出してやるためにも天皇杯は優勝を目指して頑張って欲しいものです。

…なに?加地がG大阪に移籍濃厚?待て待て、それはダメだ!
posted by BM at 16:25| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ガンバ大阪J1シーズン優勝
Excerpt: Jリーグ2005年J1シーズンはガンバ大阪が優勝し 関西初のJリーグ年間チャンピオンになって嬉しいよ
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-12-03 18:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。