2006年03月05日

第1節 東京×大分

勝ったー!2006シーズンの東京ファーストゴールは…ササ!そしてJデビュー戦となったリチェーリは1ゴール1アシスト!開幕戦に強いデータ通りの快勝でした。

今年のコンセプトは「ポゼッションサッカー」ではあるけれど、根底にあるのはチームの伝統として脈々と受け継がれる堅い守備だ。中でも新人ながら開幕スタメンに抜擢された伊野波の働きは及第点以上。まさにリトル今野といった印象で、ボール奪取能力は非凡なものがあるね。今野の後継者としての素質は十二分。
ボールを奪ってからは、抜群のキープ力を誇る梶山と、フィジカルに優れた今野、そしてトップ下という新境地を開拓したルーカスを中心にした繋ぐサッカーを展開するわけだが、まだまだ個々の戦術理解度という点では改善の余地があった。特に両SBが絡んでのボール回しの際につまらないパスミスからピンチを招くシーンが度々見られたのは今後の課題。
しかしながら、そんな中でも結果的には無失点に抑えた守備陣には合格点を与えられる。特に3年目の飛躍を期す増嶋。ポジショニングの面でまだまだ未熟さは残るが、昨年までとは違う「気迫」が感じられた。日本人でも有数のポストプレイヤーである高松との対峙では何本かのシュートを許したが、最後まで諦めずに身体を寄せてシュートを枠に飛ばさせなかったことは評価できる。自身の内容には満足していないだろうが、無失点という「結果」を残せたことは増嶋にとって大きな自信になっただろう。このままジャーンからレギュラーポジションを奪う勢いで頑張ってもらいたい。

攻撃に関しては、ササは持ち前の決定力を見せつけてのゴール、リチェーリはスピードを遺憾なく発揮してのゴール、ルーカスはいつもど通りあと少しのところでゴールが遠い(笑)と、FW陣はそれぞれに持ち味を発揮してくれた。正直もう2点くらいは欲しかったところだけど。両SBは、左の鈴木規郎が前半はガンガン上がっていたので、右の徳永はやや自重気味だったか。後半は徳永も何回か敵陣深くまで入り込むシーンも見られたし、試合を重ねるごとにコンビネーションも高まってくることを期待したい。
あと、川口よかったねぇ〜。石川とはまた違った「一瞬の切れ味」と、ベテランらしい落ち着いたプレーが好印象。スーパーサブとして大いに活躍してくれそうな予感。阿部もうかうかしてられないな。

最後に大分についてだが、シャムスカ監督の手腕はやはり健在だ。前半はいいところなく立て続けに2失点を喰らいながらも、後半は選手交代により次々とシステムを変更して、東京守備陣のマークのずれを誘発した。新外国人のオズマールがチームにフィットしてくれば、決して侮ることはできない厄介な相手になるんじゃないだろうか。逆に、オズマールが「ハズレ」だった場合は降格争いも覚悟しなければ…という感じだな。



しかし、今日はどの試合でもゴールがたくさん決まっているねぇ。特に日本代表を狙う選手たちがしっかり結果を出している。柳沢がハット、久保も2ゴール、佐藤寿も1ゴール…それにしても、横浜FMは「強い」。京都がちょっと不甲斐ないというのもあるけど。今年の優勝争いはハイレベルなものになりそうだ。
posted by BM at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。