2006年03月04日

2006年Jリーグ開幕!

いよいよ開幕しましたね。オープニングゲームのG大阪×浦和は、浦和がワシントンのゴールで先制、G大阪が加地のゴールで追い付くという、ともに新戦力のゴールで1-1のドローに終わりました。試合は観ていない(見たのはゴールシーン含むダイジェストだけ)ので内容まではわからないけど、浦和よりもG大阪の方が全体的なポテンシャルは上のような気が。ACLの過密日程をうまく乗り切れば、今年もV争いに絡んでくる可能性は大かなと感じた。
一方の浦和は…いつも通りスタートダッシュに失敗して最終的には3位くらいで終わるんでないでしょうか。ここ一番の勝負弱さは相変わらずだと思った。小野が入ったくらいでは改善されない(むしろ悪くなる可能性も)のでは。キーマンは長谷部か。小野を押しのけてチームの「支柱」になれれば優勝も見えてくると思います。

残りの試合は明日行われるのだが、他チームを見渡してみると…優勝候補は横浜FMと思う。選手層の厚さは相変わらずだし、岡田監督も長期政権でチーム戦術も浸透しているし、マルケスという強力な新戦力が加わったし。今年はACLがない分、リーグに集中できるし。それに続くのがG大阪と浦和、さらに千葉や広島といったところか。

そして我らが東京は…原博実という強烈な存在がチームを去り、ガーロという新監督を迎えての1年目ということで、過度な期待はできないというのが正直なところ。ただ、去年のドロ沼の未勝利が続いた時期や、後半の連続不敗の時期のような「チーム全体の好不調の波」というものは少なくなりそうではある。実力以上の力を発揮することに関しては期待はできないけど、大崩れすることもないのではと見ているが。今季は確実にチーム力を底上げしていくことが一番だと思います。もちろん、その中でも常にタイトルは目標に置いていてほしいのは当然ですけど。
注目選手は徳永、宮沢、阿部。プレシーズンマッチなどを見る限り、徳永のポテンシャルは加地を凌ぐ。石川が復帰してきたら、右サイドの破壊力はかなりのものになるんじゃないかと期待。宮沢はポゼッションサッカーというチーム戦術の中で、その展開力とパスの正確さがさらに際立つ。まだまだ腐るには早すぎる年齢、若手からポジションを奪うくらいの勢いを見せてもらいたい。阿部は「ストライカー」としての覚醒が期待されるシーズンだ。原体制の中ではサイドのポジションを任されたり、スーパーサブという役割に甘んじることが多かったが、今季はスタメンで、しかも正真正銘のフォワード(ウイング)としての起用が増えてくるだろう。ゴールへの嗅覚という点では十分代表クラスにあると個人的には思っているので、得点王を狙うくらいの意気込みでいってもらいたい。

現実的な目標は4位以内といったところか。もちろん、あくまで狙うは優勝だけど!
posted by BM at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。